Code:Realize ~創世の姫君~:エイブラハム・ヴァン・ヘルシング

Code:Realize ~創世の姫君~
エイブラハム・ヴァン・ヘルシングを攻略しました。


Code:Realize ~創世の姫君~ 限定版
Code:Realize ~創世の姫君~

キャストはこちらです。
アルセーヌ・ルパン(CV:前野智昭)
エイブラハム・ヴァン・ヘルシング(CV:諏訪部順一)
ヴィクター・フランケンシュタイン(CV:柿原徹也)
インピー・バービケーン(CV:森久保祥太郎)
サン・ジェルマン(CV:平川大輔)
敬称略。


続きからです。




ルパンは攻略制限がかかっているようなので
必然的にルパンの前に
ヴァンを攻略することになります。
ヴァンルートではここまでの流れを
サクッと覆すような出来事も起こり
若干困惑です・・・。
あの自称弟のフィーニスに
おいおい聞いてないよ~~な流れ・・・。

1つ目のバッドエンドは
ルートに入って怪しげな仮面をつけた男が現れて
そりゃ、危険を察知して
当然逃げようとするでしょうよ!!!
だがしかしっ!!
ブスッと一突きですよ~~~。

2つ目のバッドエンドは
逃げようとしたところまでは良かったものの
切り裂きジャックにはやはり叶わず・・・。
追い詰められて体当たりまでしても
結局一突きでやられてしまいました・・・。

ヴァンからは他のみんなとは違って
キッパリと仲間では無くて
割り切った関係だと言われてしまうので
少なからずショックは受けました。
元々それぞれの目的があって
今は利害が一致しているから一緒にいるわけなんですが
それでも・・・。

私的にツボだったのは
視覚的なことですけど
瀕死のヴァンが眼鏡を外して
眠っていたシーンですね・・・。
いつも厳しい表情のヴァンが
ちょっと頼りなげな感じなのも
キュンときてしまいましたし
眼鏡を外したヴァンもかなりの男前で
しかもいつもより若干若く見えたんですよー(笑)
眼鏡というアイテム恐るべし!!
一人で二人分楽しめる感じなんですもんね~~。
しかも珍しくヴァンから
ほんのりと気遣われた言葉も聞けたので
愛おしさ倍増でしたv

3つ目のバッドエンドは
ドラちゃんの心意気には
ずきゅん!と来ましたけど
さすがにこのドラちゃんを残して
ヴァンを追いかけられないよなぁ・・・
と思うのでこの結果に仕方無かった・・・
と納得できなくも無いんですけど
ただ「誰」に刺されたのかぼかされていて
それが自分の知らない相手では無い感じだっただけに
この状態で終わるのは酷い!!!
という気持ちにはなりました。

4人の中では
かなり核心部分に関わっているストーリーでしたので
出来れば4人の中では最後に攻略した方が
面白いルートだったなって思います。
そして4人の中では
私見ではありますけど
一番壮絶なルートでもあったかな
って思いました。
恋愛的な意味でも
想うからこそ一緒にいたい女と
大事だからこそ遠ざけたい男
というすれ違う構図がとてももどかしくもあり
切なくもありときめきでもありました。
この辺がめんどくさいと思う方も
いるかもしれませんけどね・・・(笑)
少なくとも私はキュンときました。

一つだけ残念だったのが
いくら声を変えていても
特徴のある語り口の方なので
黒幕がすぐに分かってしまったことですかねー・・・。
話の流れでピンと来る方もいたかもですが
私は口調で分かってしまいました(笑)
ちょっと残念なネタバレパターンかな~。
Collar X Maliceも声優さん好きな方だと
ボイスチェンジャー使っているシーンでも
犯人分かっていたと思いますしね・・・。

最後のバッドエンドは終わった後
どっぷり疲れてしまい
しばらく感想を書く気も起きなかったくらいです。
真犯人がとにかく怖かったです。
精神的な攻撃が一番堪えますね・・・。
追い詰め方が半端なかったです。
でもなんというか最後の最後で
ヴァンの本当の姿が見られたわけなんですけど
さすがにこれは気がつかなかったです。
かなり繊細でしたし
耐えられなかったんだろうなぁというのも
分からなくも無いですけど
そこでどうしてこの結果にならなければ
ならなかったのかなぁ・・・と。
ヴァンに先立たれて
抜け殻の様な日々を送る中で
ドラちゃんが寄り添ってくれていた事で
救われたなぁと思います。
どうして敵として現れたドラちゃんを誘って
いっしょにサンの屋敷に住むことにしたのか
ここで初めて本当の意味が分かった気がしました。

ハッピーエンドではここまで
ずっとどちらかというと自分の方が
追いかけてばかりだった様な
ヴァンとの恋愛が
エピローグでいきなりヴァンがデレモードで
腰抜かしそう
でしたよ!!!(笑)
良い声とイケメンっぷりに加えて
とても大切にしてくれるときたら
これまで散々泣かされてきたのも
もうどうでも良くなってしまいます~~。
自分の中の毒問題が解決していないので
他の男の子たちと比べて
キスしてもらえなかったり
ちょっと寂しいエンディングではあるんですけど
それを補って余りある
ヴァンからの愛情の注がれっぷりで
私的には十分満足でした!
ヴァンの恋人に対する本音も
あのエロい声で聞けましたしね・・・/////
分かっていたことですがエロすぎる!!!
男としての下心以上に
自分の恋人が不自由な暮らしをしていることを
気遣うヴァンの想いにとてもグッときましたv

ヴァンのオマケシナリオでは
照れたヴァンとイジワルなヴァンに加えて
セクシーすぎるヴァンが登場・・・/////
こ、これは・・・!!!
ヴァンが寝るとき裸だったのは
似合いすぎとは思いますけど
さすがにセクシーすぎ!!
しかも眼鏡無しver.とかご褒美すぎるスチルでした(笑)


[ 乙女ゲーム]Code:Realize ~創世の姫君~ | 【2017-07-26(Wed) 21:26:28】
blogram投票ボタンありがとうございます♪ ありがとうございます☆ | Trackback:(0) | Comments:(0) | 運営サイト| | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 夢女子の二次元に恋して All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*