Code:Realize ~創世の姫君~:ヴィクター・フランケンシュタイン

Code:Realize ~創世の姫君~
ヴィクター・フランケンシュタインを攻略しました。


Code:Realize ~創世の姫君~ 限定版
Code:Realize ~創世の姫君~

キャストはこちらです。
アルセーヌ・ルパン(CV:前野智昭)
エイブラハム・ヴァン・ヘルシング(CV:諏訪部順一)
ヴィクター・フランケンシュタイン(CV:柿原徹也)
インピー・バービケーン(CV:森久保祥太郎)
サン・ジェルマン(CV:平川大輔)
敬称略。


続きからです。




3人目はフランを選びました。
ツボったのはフランにはたびたび体調のチェックを
お願いしていたんですけど
ルートに入った途端
急に意識してしまって
フランに看てもらうのをためらってしまったことで
フランとちょっと微妙な
甘酸っぱい空気が流れたシーンですね~。
これはどちらも可愛い!って思いました。

1つ目のバッドエンドでは
これは女王にそそのかされた感じですかね・・・。
そこでフランの言葉を信じないのは
ダメだなとは思います。

2つ目のバッドエンドは
フランと離れてはいけない時に離れて
結局逃げていたものに捕まってしまうエンディングです。
つくづく主はお人好しというか
1つ目のバッドエンドも
2つ目のバッドエンドも
端から見るとこんな言葉
嘘に決まってるし・・・
って気がつくと思うんですけどね-。

3つ目のバッドエンドは
フランを信じて待っている間に
時間切れという感じですかね・・・。
待った方が良い場合と
自ら脱出を試みた場合と
いろいろとありそうで難しいですね(苦笑)

4つ目のバッドエンドは
フランを想って
一人で逝くエンディングです。
インピーとサンが自分が残された側だったので
このパターンは考えていませんでしたよー!
ルパンたちが前に進んでいるのに対して
いつまでもフランが一歩も動けずに
取り残されているのが酷く哀しかったです。

フランのストーリーの中で
一番グッときたのは
フランに対して告白したシーン
ですね・・・。
基本的には告白するよりされる方が
断然好きなんですけど
今回のフランに対する告白シーンは
初めて愛情を知ったことと
愛を知ってはいけないという刷り込まれた教えの対極さが
フランを好きになった事の大きさを感じさせられて
とても刺さりました。
素直にこのわき上がる気持ちを
フランに対して訪ねるところも
あまりにピュアすぎて
思わず泣けてきましたよー!
恋のお相手が自分の事を眼中に無かったら
迷惑な話かもですけどねぇ・・・(笑)

あとはフランとジャンの
モールス信号を使ったやりとりですね・・・。
察したジャンも凄いですよー!
少し気になったのは
すでにサンのストーリーを終えていた事もあって
女王が計画していたことに対して
サンが特に動かなかった事かな・・・。
サンは全て分かっていたんじゃ無いかと思うんですけど
静かに見守っていた感じなんですよねー。
その後の世界にとって
影響ない事件としてカウントされていたんでしょうか・・・?(笑)

ハッピーエンドでは
完全に何もかもが上手くいったとまではいかないまでも
一時的でも毒を抑制することが出来たことで
フランとの甘い時間も過ごせることに・・・v
でもこの結果を踏まえると
フランからの
「これからはいっしょのベッドで寝よう」
の申し出は下心じゃ無いといわれても
説得力全くなし
ですね!!!(爆笑)
毒を押さえられている間は
イチャイチャし放題ということで
攻略対象の中では
比較的に安全パイなイメージだったのに
イザふたを開けてみると
予想外にラブラブ甘々でした/////

おまけエピソードは
時間軸的にはハッピーエンド前という感じですけど
すっごく面白かったです!
コミカル全開ですけど
ピュアな主とフランらしい面白いストーリーだったなぁ
と思います。
これはさすがにフランに同情しますけどね~(笑)




[ 乙女ゲーム]Code:Realize ~創世の姫君~ | 【2017-07-23(Sun) 23:01:01】
blogram投票ボタンありがとうございます♪ ありがとうございます☆ | Trackback:(0) | Comments:(0) | 運営サイト| | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 夢女子の二次元に恋して All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*