ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚:汀紫鶴

ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚
汀紫鶴を攻略しました。


ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 限定版
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚

キャストはこちらです。
尾崎隼人(CV:梶裕貴)
鴻上滉(CV:岡本信彦)
星川翡翠(CV:逢坂良太)
鵜飼昌吾(CV:木村良平)
汀紫鶴(CV:鈴村健一)
鷺澤累(CV:櫻井孝宏)
隠由鷹(CV:緑川光)
敬称略。


続きからです。




人生経験も豊富そうですし
真面目に生きてきた自分では
到底太刀打ちできそうも無い人です(笑)
普段はからかってきたりして
もう、紫鶴さんってば!!
な感じのじゃれ合いがご挨拶な感じなんですけど
大人の顔になって本気で心配してくれたりすると
ちょっとドキドキしてしまいました/////

紫鶴さんのストーリーは
ミステリー調でここまで見てきた他のルートとは
ちょっと毛色が違うように感じました。
他のルートは謎解きは確かにあるんですけど
稀モノ、アウラとか炎を扱う翡翠とか
ファンタジー色の方が強い印象だったので・・・。

紫鶴さんからは大人ですし
女の子の扱いに慣れているので
そういうのとはまた違って
可愛い年下の女の子をからかって
楽しんでいるだけという感じにしか
受け取っていなかったんですけど
夜中に男の部屋に来たらダメだとか
一人で夜歩いてはダメだとか
大人の男性として導いてくれている雰囲気もあって
基本チャラ男って私は興味薄いんですけど
紫鶴さんは単なるチャラいナンパ男とは
ちょっと違ったかなって思います。
やり方は結構強引だったりもして
怖い思いもさせられますけどねー(苦笑)

1つ目のバッドエンドは
まさにミステリーの被害者的な雰囲気のエンディングで
今まで見てきたバッドエンドの中では
もちろん気持ちの良いエンディングでは無いんですけど
いわゆる「犯人」が凄く気になる
エンディングでした。
早く真相が知りたくなる感じです。
恋愛的にもすれ違っているだけの
もどかしい状態なんですよね~。
そういう意味でもこのエンディングを回避した後のお話が
気になるエンディングでした。

1つ目のバッドエンドを回避すると
紫鶴さんと恋仲になるんですけど
紫鶴との恋愛過程に関しては
お相手が恋愛小説家で
女性遊びもそこそこしている大人の方なので
それこそちょっとエロい感じで
大人の迫り方をされても
特に不自然さは感じませんでした(笑)
それどころかむしろこういう感じで
紫鶴さんに堕ちる方が自然なくらいかな
とも思えるほどでした。

2つ目のバッドエンドでは
恋愛小説家らしいと言っていいのか
分かりませんけど
有名な小説家を思い出すような
エンディングでした。
小説家、紫鶴さんの様な
恋愛小説をお書きになるような方は
繊細なのかも知れないですね・・・。
自分でもさみしがり屋だと言ってましたし・・・。
思えば紫鶴さんと大人の恋愛関係になった後は
二人で部屋に籠もって
朝からイチャイチャしていたり
慎み深かったハズの華族のご令嬢が
すっかり紫鶴さんのペースで
乱れた生活
をしていたんですけど
それでも紫鶴さんの独特の雰囲気にとても合っていたな
って思います。
好きな人を巻き込むとかどうなんだろうとは思いますので
このエンディングに肯定できるわけでは無いですが
雰囲気のあるエンディングだったなとは思いました。

ハッピーエンドは
ここまで見てきた中では一番好きですv
紫鶴さんのストーリーは
謎解き的な部分で言えば
ものすごく驚くような斬新なところは
少なかったかなって思うんですけど
その分恋愛に関しては
とても雰囲気が良くて
エロ要素は含まれていても
それが無理矢理入れ込んだ感じもなく
とても自然な流れで
紫鶴さんに「大人にしてもらった
感じなんですよね-。
エピローグでは
弟ヒタキが憧れの紫鶴さんを目にしたときの様子は
私が声優さんのイベントに行ったときと
同じ感じなんだろうなぁと
なんだかほっこりした気持ちになると同時に
シスコン甚だしく
大丈夫かな・・・って心配になるくらいのヒタキの
ぶっ飛んだ発言が妙に可愛らしくて
ほのぼのした気持ちになりました。
姉さん好き好きでも
憧れの大先生ならOKなんですね~(笑)
姉さんには幸せになってもらいたい
という純粋に弟としての感情も
持っていたことにとりあえず安心!
ヒタキと別れた後
二人でデートしたときに
紫鶴さんがおっしゃっていた
小説家としての本気の口説きセリフが聞きたかったです。
紫鶴さんそのものじゃなくて
むしろこっちを聞きたかったです(笑)




☆追記☆
こちらの記事に拍手をいただきましたv
ありがとうございます!
よろしかったらまた遊びに来てくださいませ☆


[ 乙女ゲーム]ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 | 【2017-06-07(Wed) 23:14:34】
blogram投票ボタンありがとうございます♪ ありがとうございます☆ | Trackback:(0) | Comments:(0) | 運営サイト| | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 夢女子の二次元に恋して All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*