つまりはLOVEということで3-B

つまりはLOVEということで3-B
の感想です。



キャストはこちらです。
森祥吾(CV:鳥海浩輔)
川端光流(CV:近藤隆)
敬称略。

トラックリストはこちらです。
1.祥吾と光流
2.居酒屋の相談話
3.名残惜しくて
4.二度目の告白
5.とっておきのお礼
6.素直じゃないけど
7.おしゃべりの時間


続きからです。




つまりはLOVEということで3-A
対のストーリーです。
主に社内の給湯室で恋バナで盛り上がっていたふたりが
今回は森くんが川端くんを飲みに誘って
会社帰りに飲みながら
森くんの恋愛相談に
川端くんが付き合わされているところから
始まります。
一度振られてはいるものの
デートに誘ったらOKもらったりで
微妙な関係にモヤモヤしている感じですかね-。
気が合いそうもない感じもするんですけど
なんだかんだ言いながら
森くんに付き合ってあげている川端くんも
たいがい優しいですね~(笑)

今回の自分の立ち位置としては
森くんがつとめている会社の取引先のお嬢様(笑)です。
下心があると知ってる相手からの
水族館デートにすんなり応じているあたり
まんざらではないと思うんですけど
手を繋がれるのはまだダメっぽいです。
でもお見合いするって言ってるときの表情とか
ちょっと分からないので
それがどういう意味なのか
「お見合いするからもう誘わないで」
なのか
「お見合なんてやめろって言って欲しい」
かが分からないのでちょっと難しいんですけど
一度振られている森くん的に
相当勇気を出さないと
もう一度告白とかちょっと難しいんじゃ・・・(笑)
ただ森くんが諦めないタイプだったおかげで
無事ハッピーエンドの流れですけどねー。

最高!!!
森くんと川端くんの会話、最高!!
今度は昼食を二人で食べながら
顛末を報告していましたけど
川端くん、めんどくさそうにしながらも
面倒見良いですよね~。
対のCD聞いていると
このときの森くんの「御礼」の意味が分かって
ニヤニヤしますーv
白々しいかもですけど
最高の御礼じゃないですかぁ~~!!

最後につきあい始めの
ラブラブシーンもあるんですけど
お嬢様だけど実家暮らしじゃなかった・・・(笑)

フリートークで鳥海さんが
イケメンなのに残念
っておっしゃっていましたけど
確かに森くんって
ちょっと残念な愛されキャラだなー
って思いました。
黙っていたらイケメンモテモテ展開なんでしょうけど
私はこの残念感が愛おしいなぁ
って思いました(笑)
チャラ男なのに一途なところも良かったです。

鳥海さんのフリートークでは
声優さんならではのお話だったのかな・・・。
森川さんもよく職質されたって
おっしゃっていたんですけど
日中ウロウロしているからってだけでは
なさそうな気がするんですが・・・。

「彼女」に対する森くんの接し方も
相当良かったですけど
それ以上に男二人のやりとりが
すっごく面白かったです!
余裕があれば2枚聞いて欲しいです。
どちらも面白かったです。


☆おまけ情報☆
~つまりはLOVEということでシリーズ~
つまりはLOVEということで1-A
つまりはLOVEということで1-B
キャスト:
間島淳司、増田俊樹
つまりはLOVEということで2-A
つまりはLOVEということで2-B
キャスト:
花江夏樹、藤原祐規
つまりはLOVEということで3-A
私の感想はこちらです。
つまりはLOVEということで3-B
キャスト:
鳥海浩輔、近藤隆
つまりはLOVEということで4-A
私の感想はこちらです。
つまりはLOVEということで4-B
私の感想はこちらです。
キャスト:
柿原徹也、興津和幸

[ 声優]近藤隆 | 【2017-06-08(Thu) 23:51:21】
blogram投票ボタンありがとうございます♪ ありがとうございます☆ | Trackback:(0) | Comments:(0) | 運営サイト| | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 夢女子の二次元に恋して All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*