レンドフルール:ユベール(バッドエンド)

レンドフルール
ユベール(バッドエンド)を攻略しました。


レンドフルール 限定版
レンドフルール

キャストはこちらです。
レオン(CV:興津和幸)
ルイ(CV:浪川大輔)
ギスラン(CV:近藤隆)
オルフェ(CV:KENN)
ユベール(CV:杉田智一)



続きからです。



4人の騎士の攻略が完了したあと
個別にユベールにも会えるようになって
攻略ルートがオープンしたことが分かります。
ユベールとのストーリーは
結構モヤモヤした複雑な気持ちが
沸いてくるんですよねー・・・。
どんな言葉をかけられても
嘘くさく感じてしまって・・・(苦笑)
まず1つ目のバッドエンドは
ユベールの甘い言葉に騙されて
ユベールの思惑通りに進んだエンディングです。
まだ自分が女神に吸収されたとは
ハッキリ目に見える形では言われないものの
ここまで見てくれば「わかるでしょう?」な感じで
簡単に想像がつく言葉で「終わり」が説明されていました。
最初はこんなものですよ(笑)

2つ目のバッドエンドは
恋に狂ったあげく
木っ端微塵にユベールに振られる
エンディングです。
自ら望んで女神に姿を乗っ取られて
振られた途端全ても失いましたよ・・・。
申し訳ないんですけど
私の心はすでにギスランのものになっているので
ユベールルートをプレイするのも苦痛で
全然感情移入できない上に
こんな振られ方納得いかないです(笑)

3つ目のバッドエンドは
やはり女神に乗っ取られるエンディングです。
うーん。
それは分かるんですけど
その時の女神の態度が
どうしても「慈愛の女神」が聞いて呆れる
って感じなんですよね-・・・。
ただイライラするだけのエンディングでした・・・。

4つ目のバッドエンドは
良いところまでいったんですけどねー・・・。
最後に自分が悪女になりきれなかった
って感じですね・・・。
女神の姿形でユベールを拐かすように近づき
艶のある展開なんですけど
女神の声でずっとユベールに迫っているので
私的には感情移入できませんでした。
ここまでいってまさか最後に
覆されるとは思わなかったんですけど
それでもやっぱり悪女な姫なんて
ちょっとイヤかなって思うので
これで良かったと思います。

5つ目のバッドエンドは
ユベールの女神への気持ちを読み間違えて
ユベールを怒らせてしまうエンディングです。
そのあとはお察しという感じですね-。
ラストは濁してありましたけど
儀式をして女神に乗っ取られて終わりになるだろう
と想像されるエンディングでした。
苦々しい表情で見てくるユベールの目が
忘れられないです~。

6つ目のバッドエンドは
やっぱりユベールを怒らせてしまうんですけど
それだけではなくて
サクッと切り捨てられるエンディングです。
攻略対象にこんな形で捨てられるなんて
さすがにあんまりじゃぁ・・・。
しかもモノとしてしか見てもらえていない感じですし・・・。

7つ目のバッドエンドは愛情ルートのエンディングです。
嫉妬したレオンが「神」にそそのかされて迎える
エンディングです。
なんだかさすがにレオンが可哀想すぎるかな
って思いました。
もともと一目惚れだといって
ずっと想ってくれている攻略対象の彼が
こんな役回りをさせられるなんて
あんまりかなぁと・・・。

8つ目のバッドエンドは
やっぱりユベールの気持ちを揺さぶることは出来ても
最終的には動かしきれずに
女神に静かに飲まれていくことを選ぶエンディングです。
告白しても気持ちは伝わらなかったとまでは
言わないまでも
一線を越えるまでにはいかなかった
という感じです。
レオンに対しても
キッパリと振ってますしね・・・。
いろいろと酷いなぁと思いました(苦笑)

9つ目のバッドエンドは
ユベールにキッパリと女神が好きだから
消えてくれと言われるエンディングです。
・・・はい?
仮にも親代わりでもあった身で
それが本心でなかったとしても
そこまで無情なコトが
言えるものですかね・・・?
さすがにボーゼンとしました・・・。

[ 乙女ゲーム]レンドフルール | 【2017-04-24(Mon) 22:02:12】
blogram投票ボタンありがとうございます♪ ありがとうございます☆ | Trackback:(0) | Comments:(0) | 運営サイト| | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 夢女子の二次元に恋して All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*