レンドフルール:レオン(バッドエンド)

レンドフルール
レオン(バッドエンド)を攻略しました。


レンドフルール 限定版
レンドフルール

キャストはこちらです。
レオン(CV:興津和幸)
ルイ(CV:浪川大輔)
ギスラン(CV:近藤隆)
オルフェ(CV:KENN)
ユベール(CV:杉田智一)



続きからです。



レオンルートでのバッドエンドの1つ目は
レオンとのもどかしい両想い状態から
お互いに一歩踏み出す前に
まさかの裏切りバッドエンドですよ・・・。
グラース移動の儀式をすれば
お互いに自分自身を失ってしまうかも知れないけど
だからといってやらないわけにはいかないという
八方ふさがりの状態で
イザ儀式をしようと決めた途端に
このエンディングです・・・。
ただ起こったその「事実」だけは分かったんですけど
それが「どうして」なのかは分からず
ただボーゼンとするだけですねー・・・。

2つ目のバッドエンドは
同じ場面ですけど
ターゲットになったのが
逆というパターンです。
いずれにしても
どうしてこんなことになったのかは
サッパリです・・・。
しかもやらかした相手は
ぼかしてあるんですけど
声で分かってしまうので
かなりショックです!
ど、どうして!!!

3つ目のバッドエンドは
レオンが自ら望んで犠牲になるエンディングです。
これはキツいです。
雰囲気的に
じわじわこういう結末になっているだろうなというのが
伝わっては来ていたので
ある程度覚悟の上で見ましたけど
思っていた以上にキツかったです。
レオンはもちろんですけど
ホントにみんなから愛されているのが分かるだけに
悲しくて仕方無かったです。
そして追い打ちをかけるような
ユベールの捨てセリフ・・・。
もう、ユベールが嫌いで嫌いで仕方無いですよ~(苦笑)

4つ目のバッドエンドは
レオンとは恋愛成就しますけど
結ばれることはないエンディングです。
このへんのニュアンスが難しいんですけどね・・・。
心は成就してるけど
肉体的には結ばれないというか・・・。
基本的にレオンとのストーリーは
八方ふさがりの状態になりますね・・・。
すごく追い込まれている感じがします。
これでレオンとの恋愛を選んだら
まるで人でなしになりそうですし・・・。
でも私には神様たちの方が
よっぽど残酷だと思いますけどね・・・。

5つ目のバッドエンドは
4つ目のバッドエンドと時間的にはほぼ同じですけど
一つ違うのは自分一人で逃げるようなエンディングです。
正直レオンルートのギスランの行動は
衝撃の連続です。
ギスランらしくないような気がするんですよねー・・・。
そのギスランの行動をきっかけに
かなり追い詰められて
結果的に女神に自らを明け渡す選択をするんですけど
まあ、これは同情できるエンディングだったかな
とは思います。
女神の器といっても
一人の女の子ですしね・・・。
仲間を失った事で自分をせめて
なにも考えられなくなるのも
仕方無いかなとは思います。

6つ目のバッドエンドは
女神に取り込まれるエンディングです。
人サイドから言わせてもらうと
傲慢にしか思えないセリフを
サラリと言いますよねー・・・。
結局自分が誓言を立てた相手がいなくなったあとの
騎士4人がどういう選択をしたのかは
分からなかったんですけど
ルイはどんな状況になっても
上手く立ち回れる気がします。
残念ですが・・・。

7つ目のバッドエンドも
6つ目のバッドエンドと同じく
自ら女神に自分自身を明け渡してしまう
エンディングです。
マイナス思考に陥っての末路なんですけど
茜と瑠璃への女神の行動に
かなりイライラしました。
これは無いかな・・・。

8つ目のバッドエンドで
ここまで見てきたバッドエンドの中で
ぼかされてきていた断片が
ちょっと見えてきた気がしました。
正直かなりショックです。
ギスランについて今まで語られてきていたものには
蝶たちの優しさも入っていたんだなぁというのだけは
十分理解できました。
でもここではまだ「どうして?」の決定的な部分については
明らかにはなっていないんですよね・・・。
ただ一人逃がされたことで
本当に一人になってしまうんだろうなとだけは分かります。
レオンルートはキツいエンディングが多すぎですね・・・。

9つ目のバッドエンドも
自ら幸せを手放すエンディングです。
もうこんなのばっかり・・・。
レオンにあんな悲しい顔や言葉を言わせては
いけないと思うんですよね・・・。
レオンの覚悟に比べて
ちょっと甘いんじゃないかなって思いました。
そして何が楽しくて
自分は諦めて
他人の恋愛見なきゃいけないんですかねー。
私的にはこれは無かった方が良かったエンディングかな・・・。

[ 乙女ゲーム]レンドフルール | 【2017-04-15(Sat) 21:47:27】
blogram投票ボタンありがとうございます♪ ありがとうございます☆ | Trackback:(0) | Comments:(0) | 運営サイト| | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 夢女子の二次元に恋して All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*