レンドフルール:オルフェ(バッドエンド)

レンドフルール
オルフェ(バッドエンド)を攻略しました。


レンドフルール 限定版
レンドフルール

キャストはこちらです。
レオン(CV:興津和幸)
ルイ(CV:浪川大輔)
ギスラン(CV:近藤隆)
オルフェ(CV:KENN)
ユベール(CV:杉田智一)



続きからです。



1周目がルイだったせいもあると思うんですけど
オルフェの分かりやすさが
すごく良かったです!
分かりやすい子から慣れて
ルイに・・・と言う流れを
公式は推奨しているのかも知れないんですけど
私的にはルイをサクッと済ませて
次から恋愛していった方が
印象的には良いような気がします。
もっとも1周目にルイを狙って
あまり恋愛した気持ちになれなくて
投げてしまう方もいるかもしれませんけどね・・・。

片想い感満載だったルイに対して
オルフェからは「想われている」のが
すごく伝わってきて
そのわかりやすさと
見た目のちょっと幼い感じのオルフェが
意外とガッツリ恋愛体質だったその意外性が
すごく良かったなって思います。

1つ目のバッドエンドは
オルフェの気持ちが裏目に出るエンディングです。
まさに「こんなつもりでは・・・」
という感じですね~。
オルフェに悪気は一ミリもないですし
こんな結末を迎えることを
想像もしていなかっただけに切ないです。
ただ好きな子を守りたかっただけなのに
一人で考えて行動した結果が
不幸な結末になってしまった
という感じです。

2つ目のバッドエンドは
すれ違いエンドです。
ん-、でも最後の女神のセリフって
あなたに言われたくないわ・・・
ってつっこみたくなりますね-。
究極の選択を突きつけておいて
しかもその選択、どちらを選んでも
どちらかが犠牲にならなきゃいけないので
恋愛成就にならないじゃないですか-。
そりゃ、お互いその選択を選ぶでしょう・・・
って話だと思うんですよね-。
女神のくせに自分勝手な印象を受けますし
人の子を救おうって気持ちがないんだろうか
って疑問しかわかないです。
オルフェや自分が選んだ選択自体は
仕方無いなって思いますし
切ない気持ちになりますけど
女神にイライラするストーリーでした。

3つ目のバッドエンドは
ユベールに騙されたと言う気持ちと
女神に対して約束が違う!という思いで
とても気分の悪いエンディングでした。
結局ユベールと女神の望み通りの結末で
とてもやりきれませんでした。
純粋な気持ちを踏みにじられた様な感じで
かなりストレスになりました。
あのピュアなオルフェに対して
よくもまあ、あんな仕打ちが出来ますよね・・・。
ユベールにも女神にも
とてもガッカリしました。

4つ目のバッドエンドは
ユベール大暴走です。
確かにユベールはどこかおかしかったですけど
ここまでの事をしでかすとは思っていなかったので
さすがに驚きましたし
あまりの変貌ぶりに若干引きました(笑)
立ち絵ではそこまで凶器的な感じではないんですけど
声が・・・っ!
逆に言うと演者の演技に絵がついて行っていない
とも言えますね・・・。
声だけで十分ユベールの病んだ感じは感じ取れましたし
すごく怖かったです。

5つ目、6つ目のバッドエンドは
いずれもオルフェの生命の樹に向かう途中で迎えます。
まあ、4つ目のバッドエンドでの流れもあるんですけど
ユベールに刺されてから
力尽きるまでの時間が短いか
もう少しあるかの違いです。
落馬してエンディングを迎えたり
もうあと目の前まで来ているのに間に合わなかったり・・・。
この辺のバッドエンドは特にいらなかったんじゃ・・・。
エンディング数稼いでいるだけな感じがします。

[ 乙女ゲーム]レンドフルール | 【2017-04-08(Sat) 19:17:05】
blogram投票ボタンありがとうございます♪ ありがとうございます☆ | Trackback:(0) | Comments:(0) | 運営サイト| | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 夢女子の二次元に恋して All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*