悠久のティアブレイド -Lost Chronicle-:ヤジュル

悠久のティアブレイド -Lost Chronicle-
ヤジュルを攻略しました。


悠久のティアブレイド -Lost Chronicle- 限定版
悠久のティアブレイド -Lost Chronicle-

キャストはこちらです。
シュド(CV:石川界人)
アタルヴァ(CV:寺島拓篤)
ヤジュル(CV:近藤隆)
ロウ(CV:松岡禎丞)
クレイドル(CV:柿原徹也)
ほか


続きからです。





すでにヤジュルについては
ここまでで特殊な立ち位置にあることが
分かってしまっているので
あとはその理由を知りたくて
いつその部分に触れるのかを
ソワソワした気持ちで待っていた感じですね-。
序盤は今までのフォローイベントという感じで
記憶を失って軽いノリで迫ってくるヤジュルとの
ふわふわした日々が描かれていました。
もー、ずっとこれで良いよ・・・
という気持ちでした(笑)

それこそ中盤以降は
ヤジュルとは敵対関係になってしまうので
気持ち的には厳しいシーンの連続ですね-。

まずは1つ目のバッドエンドからですけど
過去の自分がヤジュルを許せなくて
ドロドロした気持ちのままで
エンディングです。
かなり衝撃的な内容なのに
エンディング自体はあっさりでした・・・。

こちらのバッドエンドを回避すると
ヤジュルとの関係を好転させるシナリオになって
やっとここから始まる感じですね-。
展開としては一人だけ立ち位置が
大きく異なるので
ストーリーも凄く斬新でした。
ショックなのはロウルートなんかで
「姉」として慕っていた彼女の姿が
ヤジュルルートでは
大変な事になってしまったことかな・・・。
彼女が他人を恨んだりするような
そういうどす黒い感情を持つようなそぶりが
ここまで見られなかっただけに
かなりショックでした。
あとはギルとの事は
過去のシーンで「良き兄」として
ちょろりと登場するぐらいだったのに対して
今回は過去にどんなことがあったのか
かなり深く知ることが出来て
新しい発見がかなりありました。
今までギル兄さんの出番
他の騎士たちに比べて
少なすぎやしないだろうかと
思っていたんですよねー。
なるほど~~・・・。

2つ目のバッドエンドでは
ヤジュルをかばってのエンディングです。
かばって即死はちょっとどうなんですかね?
すこしぐらい余韻があっても良かったんじゃ・・・(苦笑)

悲恋エンドでは
確かに悲しいエンディングでは無かったんですけど
ヤジュルの気持ちは
とても伝わってくるエンディングだったと思います。
どんな姿であっても
そばにいてくれるというのは
気持ちが繋がっているって事ですよね・・・。
そこにヤジュルの本当の愛情を感じられて
切ない涙も流れましたけど
温かい気持ちにもなりました。

ハッピーエンドでは
やっぱり騎士たちとのやりとりに
すごくグッときました!
ヤジュルの立ち位置的に
公式としては最終攻略としては違うと
とらえていそうというか
メインをロウあたりに置いていそうな気がしますけど
私的にはヤジュルはいろんな意味で
最終攻略にして良かったと思いました。
NO.1の武器がここで登場で
まさに真打ち登場って感じもしましたし・・・。
悲しいストーリーではありましたけど
だからこそ胸に迫るものがあって
じわりと泣けました。
恋愛絡みでは無いところですけど
NO.1の一言やそのほかの武器たちと交わした言葉は
感慨深いです。

エンディングとしては
ヤジュルなら悲恋がハッピーエンドにもなり得る気もして
最後までハラハラさせられましたけど
無事甘いラブラブエンドで
ここまでヤジュルとの関係を昇華させるのには
時間がかかりましたし
素直に良かった!と言う気持ちです。
私的にはクレイドルの反応も
キュンときましたけどねーv
まさにいつも共にある存在
という感じでますますクレイドルが好きになりました!




☆追記☆
こちらの記事に拍手をいただきましたv
ありがとうございます!
よろしかったらまた遊びに来てくださいませ☆


[ 乙女ゲーム]悠久のティアブレイド -Lost Chronicle- | 【2016-12-28(Wed) 23:41:43】
blogram投票ボタンありがとうございます♪ ありがとうございます☆ | Trackback:(0) | Comments:(0) | 運営サイト| | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 夢女子の二次元に恋して All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*