悠久のティアブレイド -Lost Chronicle-:アタルヴァ

悠久のティアブレイド -Lost Chronicle-
アタルヴァを攻略しました。


悠久のティアブレイド -Lost Chronicle- 限定版
悠久のティアブレイド -Lost Chronicle-

キャストはこちらです。
シュド(CV:石川界人)
アタルヴァ(CV:寺島拓篤)
ヤジュル(CV:近藤隆)
ロウ(CV:松岡禎丞)
クレイドル(CV:柿原徹也)
ほか


続きからです。





2周目はアタルヴァを選びました。
というかたぶんですがそれ以外の
選択肢が無いんだと思います。
2周目では共通ルートでも
1周目では見られなかったエピソードが
ちょこちょこと追加されていました。
それこそシリアスなところから
そうで無いシーンまでいろいろなんですけど
男だらけのテント内で自分について
こんな話をされていたとは
思いませんでしたけど!!
ヤジュル~~~っ!
1周目でヤジュルに対して
警戒感を持ってしまっただけに
この追加エピソードは
ちょっと嬉しいですv
シュドとアタルヴァとのテントでの
川の字エピソードにも
追加のエピソードが盛り込まれていて
萌え度さらにアップなエピソードになっていました!
いいぞ、もっとやれ!!!(笑)

アタルヴァは女性については
「本での知識」しか知らないらしくて
その無垢な好奇心が愛おしくもあったんですけど
こと恋愛に関しては
シュドの後だとちょっと物足りなさも
覚えますね-。
最初の二人っきりでの
いい感じのシーンでは
アタルヴァの仕様の問題でもあると思うんですけど
いろいろとぼんやりしているというか・・・。
ほのかな甘さはあるんですけど
シュドの様な明確さが無いというか・・・(笑)
同じ頃のシュドはハッキリと告白してきましたけどーっ!

シュドも驚きましたけど
アタルヴァについても
真実を知るにつれかなり衝撃・・・。
途中から
「ん?」
と思うようなところはあったんですけど
それをハッキリと認めなければならない真実を
突きつけられると
さすがにショックでした。
今の私の気持ち的には
「よりにもよって」というか・・・。

アタルヴァルートでロウへの気持ちが
ますます冷え切ったものにはなりますし
ロウへの気持ちが冷えれば冷えるほど
アタルヴァに対しても
感情移入しにくい気持ちがこみ上げてきて
非常に複雑なルートだったなって思います。

気持ちはもちろん
複雑ではあるんですけど
それ以上にストーリーも
アタルヴァについては
若干ハードル高めだったなって思います。
こんな難解なストーリーに
よく挑戦したなぁと言う気持ちや
上手く調理しているなぁという想いです。
私の理解力が乏しいだけかな?(笑)

エンディングは2種類で
悲恋エンドとハッピーエンドとなります。
まずは悲恋エンドですけど
これ、ちょっとアタルヴァへのネタバレ要素が強くて
なかなか書けるところも無いんですけど
アタルヴァとして一番キツいエンディングであることには
間違いないとだけは言えますね・・・。
自分自身ももはや「自分」では無いですし
アタルヴァにしてみれば
よりにもよってその名前で呼ばれるなんて
辛いの一言かなって思います。

ハッピーエンドでは
まるでおじいちゃんみたいになってしまった
クレイドルに大ショックです・・・。
シュドとクレイドルとの会話が
介護されているおじいちゃんと
介護職員みたいだったんですよ~~。
故障しちゃったみたいなんですけど
クレイドルの表情が
無垢な感じでそれが哀しみを
増幅させていました。

アタルヴァとのエンディングは
アタルヴァってなんでも「本での知識」しか無い
って言ってましたし
女の子をセクシャルな目で見ることも無く
すごくピュアだったのに
キスすることは知っていたのか・・・
と妙に複雑な気持ちになってしまいました。
どこでそんな知識仕入れていたのか・・・。
まさか「本」!?

恋愛指南書的な本なんて読んでないですよね??

Collar X Maliceの榎本さんじゃないんだし・・(笑)
二人で長い時間を過ごしていくうちに
徐々に知っていって欲しいかったかも・・・。
まだこれから始まるって二人なのに
アタルヴァに関しては
妙にそこが引っかかってしまいました。
シュドはもともと最低限の知識は
持ち合わせていたみたいだったので
全然気にならないですし
自然な流れだと思うんですけどねぇ。
アタルヴァは恋愛的には「子供」というイメージだったので
ちょっとビックリでした(笑)

エンディングを迎えると
やっぱり新しいロック解除のパスワードが・・・。
ガルガド様のつぶやきガラクタオープンです。
レイやフォウの名前の由来なんかも
つぶやかれていて
軽くショックです。



[ 乙女ゲーム]悠久のティアブレイド -Lost Chronicle- | 【2016-12-22(Thu) 23:55:22】
blogram投票ボタンありがとうございます♪ ありがとうございます☆ | Trackback:(0) | Comments:(0) | 運営サイト| | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 夢女子の二次元に恋して All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*