スカーレッドライダーゼクス:霧澤タクト

スカーレッドライダーゼクス
霧澤タクトを攻略しました。


スカーレッドライダーゼクス(限定版)
スカーレッドライダーゼクス(通常版)
スカーレッドライダーゼクス-STARDUST LOVERS-
スカ―レッドライダーゼクスI+FDポータブル
スカーレッドライダーゼクス Rev.

キャストはこちらです。
駒江クリストフ・ヨウスケ(CV:鈴木達央)
霧澤タクト(CV:宮野真守)
津賀ユゥジ(CV:近藤隆)
鞍馬ヒロ(CV:下野紘)
錫木カズキ(CV:高橋広樹)
無月ヒジリ(CV:KENN)
フェルナンデス(CV:竹本英史)
レスポール(CV:浪川大輔)
ディバイザー(CV:小山力也)
デュセンバーグ(CV:高橋直純)
リッケンバッカー(CV:岡本信彦)
エピフォン(CV:藤原祐規)
甘粕 ソーイチロウ(CV:遊佐浩二)
石寺ハヤト(CV:上別府仁資)
グランバッハ(CV:安元洋貴)

敬称略。


続きからです。



1周目でもうタクトしかいないくらいに
衝撃を受けたんですよ-。
キャラソンとかはもともと集めていたので
ゲームするかキャラソン聞くかくらいハマりまくりで
めちゃめちゃリピしてどっぷり浸かっています。
ちょっと話はそれますけど
キャラソン苦手な人の言いたいことは
確かに分かります、ええ。
そのキャラのイメージに合わない
とか特に
歌うイメージのないキャラがキャラソンって(失笑)
だと思うんですよ-。
でもキャラソン好きな私が
そこは理解した上であえて言うと
特に乙女ゲームでは
そのキャラの恋愛的な意味での「気持ち」が
ものすごく詰まっているものが多いので
ゲーム上では読み取れなかったキャラの気持ちとか
この子クールな顔してホントはこんなアツい気持ちが
込められていたのか・・・(ハート)
という感じで文字に起こすとチープになりますけど
新しい発見とかたくさんありますし
よりその子を好きになる事がたくさんあるので
キャラソン苦手って凄く勿体ないなーって
思っちゃうんですよね~・・・。
キャラソン聞いてその子たちの気持ちを深読みして
妄想を膨らませて悶えるのが好きです←

そんなわけでタクトのキャラソンを聴きながら書いておりますが
最初はすっごくツンツンしていたので
どのタイミングでタクトが想ってくれるようになったのかを
まず探りたくてラスト攻略まで待ちきれずに
このタイミングです。
ヨウスケの後でも良かったんですが
ヨウスケには凄く期待してるんです。
私の長年のカンですが
絶対良いハズ!!!
でも期待しすぎるとハズレた時ショックなので
ほどほどにはしておきますが・・・。
で、そのタクトの180度気持ちが変わった瞬間ですが
1周目からも読み取れなくも無いんですが
タクトルートで
あ、そういうことなのね・・・
ってこれも自分で都合良く補足していく必要はあるものの
読み取れるところがありました。
このゲームなんでもそうなんですけど
いろいろと自分で補足していく必要がある気がしますねー。
そこは自分で都合良く読んでいくことも出来ますから
良い点でもありますが

ハッキリ言ってくれ!!!

なところもあるので難しいです(笑)

タクトの気持ちが動いた瞬間からのタクトは
とにかく可愛いです!
というか主がすごく悪女なところがあって
ピュアなタクトを翻弄してやがる!!!
恋愛経験なさそうなこのタクトに

「日焼け止め塗って」

ってどんな拷問!?
そりゃ女性用の水着を
しっかり用意しているムッツリなタクトですから
嬉しくないハズは無いとは思うんですけど
さすがにハードル上げてるな~って思いました(笑)
動揺しまくりで可愛いのなんのって!!!
ヒジリのチャラい攻撃を華麗にスルー出来る子ですから
タクトを転がすくらい軽いのかもですが
ビックリです・・・。

意外なんですけど
タクトとの2人きりの会話って
妙に面白かったです。
みんなといる時のタクトだと
こんな絡み方しないんですけど
1対1になるとタクトに対する扱いが
ちょっと違ったというか・・・。
タクトもタクトで突き放すかと思ったら
急に可愛く赤面顔見せたりで
ニマニマしっぱなしでしたよーv

後半はさすがにシリアス展開で
タクトの立ち位置の都合上
かなり気持ち的にはキツいんですけど
精神的にキツい展開の分
甘さはかなりあったかな・・・って思いました。
切なげに愛の言葉をつぶやいたり・・・。
そんなこと頻繁にされたら
たまらない気持ちにもなりますよ~~っ!!

エンディングは2種類で
DEATH値の高いDEATHエンドと
LOVE値の高いLOVEエンドとなります。
まずはバッドエンドのDEAHTエンドですけど
こちらは姿はタクトですけど
精神はレスポールに浸食されていて
享楽的なエンディングでした。
シークレットシナリオに入る前までは
かろうじてタクトだと認識できるくらいには
まだタクトだったと思ったんですけどね・・・。
最終的には完全なレスポールエンドでした。
ただここまでにもっと悲惨なバッドエンドを見ていたので
こんなものかなって受け入れられてしまう自分が
ちょっと悲しかったです(苦笑)
ただシークレットこそレスポールエンドではありますけど
エンディングはタクトからの情熱的なキスもありましたし
こんな状態で簡単にタクトを受け入れるのも
どうなんだろうっていう気持ちはありましたけど
バッドな恋愛エンドとしては
わりと良い方だったかなぁとは思いました。

LOVEエンドでは
12章でのヨウスケとのバトルシーンの中での
タクトの溢れ出てくる想いに
まさに「撃たれた」感じです。
キャラソンでのタクトとは大違いで
ピュアッピュアで邪度ゼロで想ってくれているのが
ストレートに伝わってきました。
ヨウスケサイドの気持ちは
今回は深く掘り下げていませんので
断片的に伝わってくる情報だけでしか測れませんけど
男同士の本気のバトルに
二人の気持ちが伝わってきて
悲しいくらい
でした。
今回はタクトルートになるので
ヨウスケの目の前でタクトを選ぶことになりますけど
ヨウスケがどんな気持ちだったのかを考えると
ちょっぴり複雑な気持ちにもなりますねぇ。

エピローグのシークレットトラックでは
タクトと二人っきりでの旅行のストーリーです。
脳天気にハッピー、ラブラブvという展開では
無くてむしろシリアスなんですけど
タクトに寄り添って行きたいし
この誰よりも純粋で
まっすぐなタクトのそばにいたいと思いました。
すごく良いストーリーですし
ここまで残しておいた事に後悔は無いですが
タクトルートの衝撃度から考えると
ホントは1番手が良かったのかなって思いました。
ここまで来るとある程度流れも読めてしまうので
とことん絶望的な展開になっても
ま、大丈夫かな
って楽観的に考えてしまうところもあったりして・・・。
でも1番にこのシナリオを突きつけられたら
展開も読めないですし
号泣レベルで泣いたかなぁって思います。
安心してゆったりプレイしたいのであれば2番手以降にすれば
良いと思いますし
エンディングを迎えるまで眠れない夜を過ごしたければ
1番手が良いのかなぁって思いました。
いずれにしてもタクトの純粋さには
グッと
きましたし
ちょっとキャラソン聞いて浸ってきます←



[ 乙女ゲーム]Scared Rider Xechs(スカーレッドライダーゼクス) | 【2016-09-25(Sun) 20:55:32】
blogram投票ボタンありがとうございます♪ ありがとうございます☆ | Trackback:(0) | Comments:(0) | 運営サイト| | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 夢女子の二次元に恋して All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*