スカーレッドライダーゼクス:錫木カズキ

スカーレッドライダーゼクス
錫木カズキを攻略しました。


スカーレッドライダーゼクス(限定版)
スカーレッドライダーゼクス(通常版)
スカーレッドライダーゼクス-STARDUST LOVERS-
スカ―レッドライダーゼクスI+FDポータブル
スカーレッドライダーゼクス Rev.

キャストはこちらです。
駒江クリストフ・ヨウスケ(CV:鈴木達央)
霧澤タクト(CV:宮野真守)
津賀ユゥジ(CV:近藤隆)
鞍馬ヒロ(CV:下野紘)
錫木カズキ(CV:高橋広樹)
無月ヒジリ(CV:KENN)
フェルナンデス(CV:竹本英史)
レスポール(CV:浪川大輔)
ディバイザー(CV:小山力也)
デュセンバーグ(CV:高橋直純)
リッケンバッカー(CV:岡本信彦)
エピフォン(CV:藤原祐規)
甘粕 ソーイチロウ(CV:遊佐浩二)
石寺ハヤト(CV:上別府仁資)
グランバッハ(CV:安元洋貴)

敬称略。


続きからです。



2人目はカズキを選びました。
仕様はVitaminXなどと同じく
一度辿った章であれば
章選択から簡単に巡ることができます。
もっとも狙うお相手が変われば
最初から見ていきますけどね・・・。
細かい値の調整などでは
この仕様だと助かります。
細かくセーブしていくのも大変ですからね~。

普段は日本語と英語などを交えた
独特のフレーズで会話をするので
ちょっとカズキの感覚を養うまで
一度立ち止まって考えてしまうところも
あったんですけど
基本的に会話のテンポが良いので
とても面白い子です(笑)
ただ実際にカズキを狙ってみると
ただ「変わっている子」ではなくて
変わっているように見せている子
だなって思いました。
時々カズキが一人で音楽を奏でる場所に
連れて行ってくれたんですけど
その時のカズキは
いつものカズキとはちょっぴり雰囲気が違っていて
とても繊細で優しい顔も見せてくれましたし
これが本当のカズキなんだろうなって
思いました。

クリスマス前のお別れのシーンは
ヒロの時がクリスマス前から
二人っきりの時間の約束をしたり
結構甘い感じで
すでにヒロの気持ちがダダ漏れていたのに対して
カズキとはカズキの気持ちを伝えられる感じでは
無かったですねー。
ヒロの方が奥手に見えて
案外恋愛体質
な感じがしました(笑)
ただリュウキュウを離れることを話した後のカズキは
かなり感情的なところを見せてきて
そこからカズキの気持ちを
自分で都合良く読み取る感じでした。

第12章でのラストのカズキとリッケンの会話が
緊迫した状況であるはずなのに
妙にほっこりしていて
凄く良かったです!
ただ基本的に個別ルートっぽい流れもなくて
ただ個々に会話するシーンが
お目当ての彼に固定されるだけ
っていうのがいただけないですね-。
これはさすがにコンプ魂に溢れている方か
キャラ愛でカバー出来る方じゃ無いと
ダレそうです(笑)

まずはDEATH値の高い
バッドエンドから見ましたけど
最終トラックだけは
キャラごとに全然違う展開にしてあって
そこだけはホッとしました・・・。
リッケンに精神を侵食されてしまうのは
同じくな流れですけど
ヒロルートの時はだまし討ちみたいなエンディングだったので
かなりショックを受けたんですよ~。
これってデュセンの性格が
面倒見の良いオネエは表向きで
ホントのところはこういうところがあったのか
まさかヒロが本質的にそういうところを持ち合わせていたのか
いずれにしても攻略対象として
仲間を裏切るような相手に対して
恋愛感情を維持するのはちょっと厳しいなー
って思いました。
でもカズキの場合は
バッドエンドでありながらも
最後のたった一言に
ちょっと救いを感じたような
切ないようなちょっとキュンとくるようなところもあって
100%バッドエンドでも悪いばかりのエンディングでは
無かった
かなって思いました。
このラストの一言が無かったら
さすがにちょっと悲しすぎるエンディングだったな
とは思いますけどね・・・。

カズキのラブエンドでは
12章でこれ、間違えたんじゃ・・・
くらいの展開で話がどんどん進んでいったので
どうなることかと思ったんですが
カズキからの告白とキスを受け入れて
ハッピーエンドへ急展開(笑)
おまけのシークレットトラックでは
分野は違えどお互い教師になっていました・・・。
主は教えることは変わったかもしれませんが
もともと教職に就いていましたので
違和感ナッシングですが
カズキはちょっとビックリ・・・。
でももともといろんなところで演奏していましたし
カズキにピッタリかなとも思いました。
奏でる音楽は最上級なのに
歌詞が残念なのもお約束
です(笑)
ライダーの他のみんながどうなったのかは
今回はうかがい知ることは出来ず
ちょっぴり寂しかったことと
12章でのタクトのセリフがあまりに切なくて辛かったです。
二人のラブラブっぷりを
人目もはばからず「学校」でイチャついていたのは
生徒たちが全然気にしてなさそうなのも
ちょっと気になるところですね-。


[ 乙女ゲーム]Scared Rider Xechs(スカーレッドライダーゼクス) | 【2016-09-21(Wed) 21:45:13】
blogram投票ボタンありがとうございます♪ ありがとうございます☆ | Trackback:(0) | Comments:(0) | 運営サイト| | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 夢女子の二次元に恋して All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*