ヴァルプルガの詩:蘇芳

ヴァルプルガの詩
蘇芳を攻略しました。


ヴァルプルガの詩【初回特典ドラマCD「とある一日」+ システムボイス集】】+【Amazon.co.jpオリジナル録り下ろしドラマCD】
ヴァルプルガの詩【初回特典ドラマCD「とある一日」+ システムボイス集】
ヴァルプルガの詩(PSP)
ヴァルプルガの詩(PS Vita)

キャストはこちらです。
謎の少年(CV:柿原徹也)
トラ/大神虎丸(CV:小野友樹)
リュウ/大神龍丸(CV:小野賢章)
泉蘇芳(CV:平川大輔)
杜松(CV:前田剛)
牛尾(CV:興津和幸)
沙流太(CV:津田拓)
巳斗(CV:木村昴)
宇佐(CV:榎木淳弥)
ジーク(CV:岸尾だいすけ)
敬称略。


続きからです。





兄なのに攻略対象って事は
兄じゃ無いパターンかなーとは思っていたんですけど
一度ホントの兄パターン、しかも同じく平川さんが
お声をされたゲームで経験済みなので
PCゲームですし
ホントの兄でももしかしたらありなのかも・・・
なんて思いながら進めていったんですけど
ルートに入ってまもなく解決です。
どちらかは実際にプレイして
お確かめいただくのが良いのかな・・・?

エンディングは3種類で
バッドエンド2種類とハッピーエンドです。
まずはバッドエンドの一つ目ですけど
途中でエンディングを迎えてしまうので
なんとなく違和感を覚えるんですけど
モヤモヤが解消すること無く終わってしまいますね-。
リュウ、トラの兄弟ルートは
二人とのつながりがメインで
決定的な謎解明ルートでは無かったので
今回いろんなビックリ情報が飛び出して
恋愛とは違った意味で面白かったんですけど
バッドエンドではその辺まだ
完全にクリアにならないので
お兄ちゃんへの気持ちが
定まらないまま終わってしまいました。
リュウ、トラルートの方が
恋愛的には面白かったかな・・・。

2つめのバッドエンドでは
ホントだったら兄萌えの私なら
お兄ちゃんに追い詰められて萌えるはずの展開なのに
お兄ちゃんがお兄ちゃんでは無くなってしまったことへの
ショックの方が大きかったことと
目の前のお兄ちゃんへの違和感で
萌えるよりもこのモヤモヤを早く解決したい気持ちの方が
大きかったです。
お兄ちゃんが兄としてでは無い目で見ていることは
いつもの私なら萌え展開なハズなんですけどね~。
度を超えた病みっぷりがホラーです・・・。
じりじり追い詰められていく感じと
温和で優しかったお兄ちゃんの人柄と
とてもギャップがあって
それが余計に恐ろしいストーリーでした。
まさか監禁までしちゃうとか
ある意味萌え展開なハズなのに
お兄ちゃんの人柄と合わなすぎて
ビックリの方が大きかったです・・・。
エンディングとしては
そうなりますよねー・・・な結末だったかなって思いました。
ここまで崩れてしまった以上
こうなるのが自然なんじゃ無いかなぁと
私は思いました。

このバッドエンドを見ると
おばあちゃんのサブシナリオがオープン、
おばあちゃんのシナリオを見ることで
「志賀喬」のシナリオがオープンしました。
二人とも「ヴァルプルガの詩」の根幹に関わるシナリオで
これで全容がうかがい知れるわけでは無いんですけど
知っておくべき「過去」が分かりました。
特に自分たち兄妹にとっては
知らなければならなかった過去ですね-。
おばあちゃん視点だと
「志賀喬」のイメージがよろしくないんですけど
そこを補填するように志賀喬視点で
フォローしてる感じの仕様だったと思います。

お兄ちゃんとのハッピーエンドは
お兄ちゃんとの新しい関係が始まるストーリーでした。
ただここまでの展開としては
バッドエンドと同じですし
どうかしていたとはいえ
お兄ちゃんはリュウやトラたちを傷つけてしまったことは
確かなのでそのあたりの顛末が描かれていなかったことで
どうしてもモヤモヤは残りました。
「解決したよ」
といわれても「どう解決した」のかは
サッパリ分からなかったんですよね~・・・。
恋愛的には問題ない展開にはなってましたけど
お母さんがあまりにあっさりしていたのが
ちょっと気になりました。
お母さん、順応性高すぎ!!

お兄ちゃんとのハッピーエンドを迎えると
お兄ちゃんのサブシナリオがオープンしました。
お兄ちゃんとの本編中のストーリーの中では
お兄ちゃんがここまで生きてきてる中での恋愛については
微塵も感じられなかったので
「妹」としてはお兄ちゃんの思考や過去を知るのは
ちょっと複雑な気持ちであり
病弱で妹に過保護すぎる兄としての姿しか
知らなかった私的には
少々ビックリとショックもありました。
ま、お兄ちゃんも普通の大人の男性ですからね~。
後半急展開したように見えた
お兄ちゃんとの恋愛ストーリーが
淡々と実はこの頃からこんな風に感じていた
のを後出しされると
それを知った上でプレイしたら
また違った気持ちでプレイしただろうなーとは思います。
たぶんもっとふわふわした気持ちで
プレイしたんじゃ無いかな・・・(笑)



[ 乙女ゲーム]ヴァルプルガの詩 | 【2016-09-10(Sat) 21:23:01】
blogram投票ボタンありがとうございます♪ ありがとうございます☆ | Trackback:(0) | Comments:(0) | 運営サイト| | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 夢女子の二次元に恋して All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*