金色のコルダ4:天宮静

金色のコルダ4
天宮静を攻略しました。


金色のコルダ4 プラチナBOX
金色のコルダ4 トレジャーBOX
金色のコルダ4

キャストはこちらです。
如月響也(CV:福山潤)
如月律(CV:小西克幸)
榊大地(CV:内田夕夜)
水嶋悠人(CV:水橋かおり)
天宮静(CV:宮野真守)
八木沢雪広(CV:伊藤健太郎)
火積司郎(CV:森田成一)
水嶋新(CV:岸尾だいすけ)
東金千秋(CV:谷山紀章)
土岐蓬生(CV:石川英郎)
冥加玲士(CV:日野聡)
七海宗介(CV:増田ゆき)
須永巧(CV:武内駿輔)

敬称略。


続きからです。



過去2回肝心なところで
「もうこのイベントは発生しません」という
悲しい境遇を乗り越えて
無事にエンディングにたどり着けました!!!
11月中にほぼほぼ済ませておかないと
ダメってことですね・・・。
タイムリミットが他の子よりも
早く来るイメージです。
12月になるとほとんど会えなくなっちゃうので
早めに動いてどんどん想い値、想われ値を上げていくことが
コツ
かなって思いました。
ぼやっとしていてつかみ所が無い子でしたけど
物理的に離れることで
逆に二人の距離を縮める結果になった感じがします。
近くにいるときは甘いようで
全然甘くない容赦なくガッカリさせる子だったのに
遠距離になった途端急に甘くなるって
酷いと思うの!!!


ピアノ奏者が静だけなのに
攻略中だとしばらく会えない期間が出来てしまうので
静不在中にコンサートを考えている場合は
練習期間等も含めて戦略練り直しを余儀なくされるので
いろいろと厳しくなります。
ピアノ無し曲探すのも結構難しかったんですが
気のせいですかね・・・?
管楽器も至誠館メンバーがいないと
どうしようもなくなるので
仙台でのコンサートだけは早めに済ませておくのも
恋愛イベントに関係なく必要になるなーと
しみじみ思いました。

終盤での「ちょ!こんな時に戦線離脱とか嘘でしょう!?
という状態を乗り越えて
国際電話だけでのラブラブ妄想デート期間を経て
無事にエンディングを迎えたんですけど
ここまで来ているとあとは流れに乗るだけで
意外と苦労した割に最後はあっさり行けたなー
というのが正直な感想です(笑)

エンディングは2種類で告白されるエンディングと
告白するエンディングです。
まずは告白されるエンディングですけど
会えない期間での電話デートから発展していった感じの
エンディングでした。
なんといってもピュアすぎ!!!
大人になってしまうと
いろいろと現実知ってしまうので
こういうエンディングは
ファンタジー感が半端ないというか
静はまだまだ子供だなー
ってゆるいまなざしで見てしまいましたけど
ある意味ピュアで
可愛いエンディングだったな
って思います。
もっとも静が他に器用に乗り換えて恋愛するタイプでは
なさそうですし
このままゴールしてしまう気も
しないでも無いですけどね・・・。
言ってることは大胆だなって思うんですけど
それが逆に私には子供っぽく感じてしまいました。
自分自身残念な大人になってしまったなー
とも思う瞬間でもありました(苦笑)

自分から告白するエンディングは
同時進行で進めていたクリスマス直前のデータからの
大どんでん返しを狙ってみたのですけど
やれば出来るものですね!
静からの想われ値が相当高くて
正直ギリギリ(想う、想われる値は
500がマックスみたいでどちらもギリギリ)の
攻防だったんですが
ジルベスターコンサートで
静の出すハートを拾わないように気をつけて
僅差で想う値の方が多い状態で
なんとかクリアしました(苦笑)
うーん、エンディングというか
エンディング曲後の静の独白シーンが
告白エンドの方が寂しい結末に感じました。
告白成功時は静の気持ちもかなりあって
まさに両想いだったのは感じられますし
独白シーンも静の想いはとても強くて
想われているのは感じられるんですが
卒業後の進路の関係で
寂しい気持ちは隠せませんでした。
気持ちはすごくあるんですけどね-。
私的にはちょっと惜しかったです。

スペシャルストーリーは
二人でお泊まり旅行とか
高校生とは思えない展開ですっ!!
ただお相手が静なので
あまり危険を感じないのが
ちょっと寂しいですが・・・。
静の原点を知るちょっとした小旅行で
ゆったりと優しい時間が流れたストーリーでしたv



[ 乙女ゲーム]金色のコルダ4 | 【2016-08-17(Wed) 22:10:28】
blogram投票ボタンありがとうございます♪ ありがとうございます☆ | Trackback:(0) | Comments:(0) | 運営サイト| | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 夢女子の二次元に恋して All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*