剣が君:縁

剣が君
縁を攻略しました。



キャストはこちらです。
九十九丸(CV:小野友樹)
螢(CV:KENN)
黒羽実彰(CV:前野智昭)
縁(CV:置鮎龍太郎)
鷺原左京(CV:保志総一朗)
鈴懸(CV:逢坂良太)

敬称略。


続きからです。







3人目は縁を選びました。
前半ではただの軽いお侍様・・・ですけど
どこかそれだけではなさそうな雰囲気を感じていたら
後半早々でビックリな正体が~~っ!!
縁本人がいろいろと隠しているせいもあって
つかみ所が無い飄々とした人という感じだったんですけど
意外にもお付き合いして欲しいと言われたときの縁のセリフに
すごくグッときました!
そう来ましたかぁ~・・・。

お侍様と町人の娘というただでさえ
身分違いの恋愛で
しかも縁にはもっと重いものを背負っていて
その恋愛が切ないものになる事は
容易に想像できたわけですが
縁の方が押せ押せで
本当の縁はあんなチャラ男でもなく・・・。
予想外にツボってしまいました/////
縁の正装がまたカッコイイんですよ~~v

エンディングは4種類で
縁からはお付き合いを求められるものの
そのお返事を保留しているストーリーでは
バッドエンドまっしぐらですね・・・。
まさかこんなエンディングになるとは
思っていませんでしたけど
あまりに切なかったです。
まず1つめのバッドエンドでは
身分違いの恋愛が想像でしか無い時代の私には
町人の娘の気持ちは分からないのかもですが
自分の気持ちに素直になっていたら
未来は変わったのかもって思うと辛いです。
素直になるのが遅すぎですもんねー・・・。
縁にとって本当の幸せは
この結末では無い事は明らかですけど
一つには辛い状況からある意味解き放たれて
気持ちは楽になれたのかもしれませんが・・・。

2つ目のバッドエンドは
凄く重かったです。
エンディング直前でやっと素直に
縁の気持ちに寄り添ったのになぜこんなことに・・・。
薙刀の稽古を続けている理由も
このストーリーのためだったんじゃないかな
って思うくらいとてもしっくりきましたし
この薙刀で縁の役に立ちたかったです。
ハッピーな意味で・・・。
エピローグがまた重いんですよ-。
こんなことになってから認められても
全然嬉しくないですが!!
ただ「剣が君」のタイトルを
改めて感じさせられるエンディングだったな
って思います。
辛いエンディングですけど
ある意味ハッピーエンドよりも
とても印象に残るストーリーでした。

ハッピールートは2種類で
1つめのエンディングは江戸を離れるエンディングでした。
ずっと気になっていた七重と鼓様のシーンも
やっと七重の口からハッキリと核心部分が語られて
鼓様が可哀想でした・・・。
言いづらかったとは思うんですが
黙っていたのはちょっとだましている様な感じもあって
それはどうなのかなとは思います。
ちょっと鼓様に対しての誠意が
感じられなかったというかー。
肝心の縁との関係については
主の女っぷりの良さにグッときました!
ダメ男を立派に教育している感じというか(笑)
縁のようなお坊ちゃまタイプには
このぐらいしっかりものの方が良いのかもですが・・・。

江戸を離れるにあたって
鈴懸や左京さんルートでは
父様を江戸に残していかなければならないのに対して
まさかの父様付き添いストーリー!!!
縁に任せるのが心配だったのかどうなのかは
父様の口からは語られませんでしたけど
二人の交際は認めても
二人っきりでの生活は認めてもらえなかった・・・
って事は父様に限って無さそうなんですよね-。
父様の基本姿勢は「娘の自主性を重んじる」で
縁と二人で江戸を離れる事に決めたとして
娘が決めた事ならすんなり受け入れてくれていそうな人ですもんね~。
だからこそしっかりものに育ったのかもしれないです。
縁が父様を誘ったのかなー・・・。
その辺は分からなかったので
想像するしか無いですが。
お付きの柳生さんにしても
なんだかんだ縁には甘くて
縁が生きたいように見守ってくれている感じでしたし
暖かいエンディングでした。

江戸に残るハッピーエンドでは
縁がなんだかんだいいながらも
みんなに大事にされている様子が伝わるストーリーでした。
こちらのエンディングの方が
縁が自由で奔放にやっている雰囲気ですかね-。
ここに至るまでにはもちろん葛藤もありましたけど
最終的には縁らしさがとても出ていたかな
って思います。
賑やかなのが好きな縁らしいストーリーでしたし
花嫁行列で縁を結んだ人たちとも
また再び縁を結び直している感じで
ベストエンドはこちらかなって思います♪



[ 乙女ゲーム]剣が君 | 【2016-07-04(Mon) 19:09:04】
blogram投票ボタンありがとうございます♪ ありがとうございます☆ | Trackback:(0) | Comments:(0) | 運営サイト| | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 夢女子の二次元に恋して All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*