遊女悲恋 -水芭蕉の章-

遊女悲恋 -水芭蕉の章-
の感想です。



キャストはこちらです。
榊悠之丞(CV:茶介)
敬称略。


続きからです。





幼なじみであり婚約者だった男性とのストーリーです。
序盤は男性視点で展開していくので
彼の片想いっぽい感じで
進んでいくのがちょっと残念ですね-。
主の気持ちが彼がこうやって訪れて
アツい想いを伝えてくれることに対して
どう感じているのかは
男性視点であるので伝わりにくいんですけど
複雑であるのは確かかと思うんですが
嬉しいのかどうなのかくらいの情報は欲しかったかな・・・。

床入り後には
主自身も客としてではない気持ちを抱いていることは
彼が感じた「特別」感から
伝わってくるんですけど
初回の床入りからがっつくのではなくて
ちょっと余韻が欲しかったかな・・・。
幼なじみでずっと焦がれていた相手との床入りなわけですし
少しは照れのような可愛いところも聞いてみたかったかな・・・。
すぐにガツガツですもんね~(笑)
それだけずっと好きだったって言われたら
そうなのかもしれないんですけど
幼なじみでしょう??
積もる話とかすれば良いのに-。

床入りで主の気持ちが分かった途端
彼の独占欲炸裂!!!
ちょっと黒すぎて怖いくらいです・・・。
なんとなくですがバッドエンドへの入り口を感じます。

ちょ!
タイトルが「悲恋」ですし遊女ものなので
嫌な予感は無かったわけでも無いですけど
悲恋と言うより
バッドエンドがしっくりくるこのエンディング・・・

主なりに彼のことを想ってのことだとは想いますけど
「恋愛」という意味では
自分から幸せを手放す感じの子ですね・・・。
遊女である主の気持ちは
なかなかこういう時代にのんきに生きている自分には
分かりかねる部分もあるのかなぁとは思うんですけど
そこはフィクションですし
女性向けである以上
何か抜け道があっても良いのではないのかなぁ
とも思うんですが
「悲恋」をうったって
他の女性向けとの差別化を図ろうとしているのであれば
こういう展開もあるのかな・・・。
でもちょっと彼が可哀想すぎて
あんまりなんじゃないかなって思いました。

本編ではバッドエンドでしたけど
初回特典ではアナザーストーリーとして
ハッピーエンドが用意されているので
「バッドエンド」が辛かった私には
救われました・・・。
初回ロット分のみみたいなので
今も手に入るか分かりませんが
これを聞かないと正直きつすぎです。

初回ロット分のうちに手に入れておけば
本編でバッドエンドでも
救済ストーリーが聞けるので良いですけど
これ、本編のみだとシリーズ聞きたいという気持ちに
私はなれないかな・・・。
お気楽なハッピーエンド好きとでもなんとでも
おっしゃってくださって結構です!(笑)
切ないストーリーは好きですが
エンディングまでバッドはちょっと・・・。
多少ご都合主義でも
ラストは幸せな気持ちで終わりたいんですよね・・・。
ただ本編だけで言えば
完全なバッドエンドで
そういうシナリオというのは
記憶には刻み込まれますね・・・。
好みもあるかと思いますけど
バッドエンドでも大丈夫という方であれば
大人なシーンは濃いめですし
いろんな意味で大人の女性向けですので
好みのキャストさんの作品だけでも
聞いてみても良いんじゃないかなって思います。


☆おまけ情報☆
~遊女悲恋シリーズ~
遊女悲恋 -水芭蕉の章-
キャスト:茶介
遊女悲恋 -緋衣草の章‐
キャスト:土門熱
遊女悲恋 -雪の下の章-
キャスト:佐和真中




☆追記☆
こちらの記事に拍手をいただきましたv
ありがとうございます!
よろしかったらまた遊びに来てくださいませ☆

[ 声優]CD(大人推奨) | 【2016-06-30(Thu) 22:39:03】
blogram投票ボタンありがとうございます♪ ありがとうございます☆ | Trackback:(0) | Comments:(0) | 運営サイト| | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 夢女子の二次元に恋して All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*