龍の契 ~紫と黄の焦燥~

龍の契 ~紫と黄の焦燥~
の感想です。



キャストはこちらです。
日辰紫音(CV:立花慎之介)
黄門優竜(CV:斉藤壮馬)
敬称略。

トラックリストはこちらです。
1.兄妹のような三人
2.優竜と飲み会
3.不幸にすることしかできない
4.紫音の着付け教室
5.妹と女性の狭間で
6.揺れる感情
7.貴女が欲しい(紫音END)
8.幸せすぎて(優竜END)
9.どちらも選べない
10.キャストトーク


続きからです。




一見穏やかで優しげなのに
時折ちくりと黒さも感じられる大人の男性の紫音と
好き好きオーラ全開のわんこ系の優竜との
三角関係です。
優竜が紫音を意識するのも
無理ないかなー・・・。
なんでもそつなくこなしている
隙のない男性って感じですもんね~。

怖ぁ~~っ!!!
優竜の能力が「呪う」とか
こそこそじめじめと呪っているとか
怖すぎ・・・っ!!
可愛いわんこ系かと思って油断していると
大怪我しますね!!!

紫音から着物の着付けを教えてもらうことになったんですけど
女性として意識されていないからのセリフなのか
深読みすると逆にドSな人で
わざと言っているようにも聞こえるのは
キャストが立花さんだからでしょうか・・・?
どうもストレートに
「意識していないただの妹のような存在」
だからこそのセリフ
とは聞こえないんですよねー・・・(笑)

優竜のヤキモチからの宣戦布告で
事態が動いてどちらかを選ぶかどちらも選ばないかの
エンディングに進むんですけど
この流れだと紫音を選ぶ方が自然ですねー・・・。
主人公が好意を持っている風なのは
紫音も気が付いていた通りですし
だからこそ優竜が焦ってもいたわけで・・・。
うわー、やっぱり!!
紫音に感じた胡散臭さは本物でした(笑)
紫音自ら「意地が悪い」って言ってますけど
優しそうな振りして意地悪そうな断片は
感じられましたもんね~・・・。

優竜を選ぶトラックでは
優竜の部屋にお泊りとか大丈夫なんですかね!?(笑)
紫音とは一回りの年の差があるので
紫音に対してコンプレックスを抱くのは
分かりますねー。
優竜の気持ちに応えた時の優竜のセリフが
可愛すぎvv
ちょっと頼りなげですけど
まっすぐに正直な気持ちを
たどたどしく伝えてくる感じがすごく可愛いですv

どちらも選べないトラックでは
選ばないではなくて「選べない」んですねー(笑)
二人とも声を張り上げて張り合うタイプではないんですけど
静かな空間の中に
バチバチと火花が飛び散ってるような感じですね~。
紫音が優竜相手に結構ムキになっているのが
子供っぽくてイイかもv

フリートークもお一人ずつなので
ちょっとさみしいですが
立花さんの第一声は吹きだしますね(笑)


☆おまけ情報☆
龍の契 ~白と黒の衝突~
キャスト:前野智昭、増田俊樹
私の感想はこちらです。
龍の契 ~赤と青の亀裂~
キャスト:吉野裕行、石川界人
私の感想はこちらです。
龍の契 ~紫と黄の焦燥~
キャスト:立花慎之介、斉藤壮馬



[ 声優]CD(その他) | 【2016-04-13(Wed) 21:33:27】
blogram投票ボタンありがとうございます♪ ありがとうございます☆ | Trackback:(0) | Comments:(0) | 運営サイト| | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 夢女子の二次元に恋して All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*