絶対階級学園 ~Eden with roses and phantasm~:五十嵐ハル(真相ルート)

絶対階級学園 ~Eden with roses and phantasm~
五十嵐ハル(真相ルート)を攻略しました。


絶対階級学園 ~Eden with roses and phantasm~ 初回限定版

キャストはこちらです。
鷹嶺陸(CV:浪川大輔)
鷺ノ宮レイ(CV:木村良平)
七瀬十矢(CV:前野智昭)
加地壱波(CV:柿原徹也)
五十嵐ハル(CV:石川界人)
敬称略。


続きからです。



壱波ルートでプロジェクトの全体像が分かったとこで
ハル君ルートで家族のネタバレ解禁って感じですかね?
我ながら種明かしの順番としては
良い感じで進めているように思います(笑)
真相ルートでは石ころハッピーエンドの続き・・・
とはいえ恋愛的なラブラブには
正直あまり期待せずに
あくまで謎が解明できればいいかなー
って思っていたんですよ~。

ところが!
おぉぉぅ!!!
まさかのハル君からの添い寝シーンに
押し倒されてのキスシーンのおまけつきぃーv
添い寝してくれた時のハル君のスチルだけでも
十分可愛くてキュンキュンしたのに
キスシーンが結構男らしくてカッコよかったりして・・・。
ハル君も男の子なんだなーと
なんだかしみじみ思ってしまいました(笑)
ただ同じシチュでお相手が十矢だったら
キスだけで済まなかった気が・・・。

エンディングは3種類で
バッドエンド2種類とハッピーエンドとなります。
まずは1つ目のバッドエンドですけど
この選択肢はさすがの私でも
罠だと気が付きますよー・・・。
明らかにヤバそうですもんね~~。
それにしても壱波ルートで
分かってしまっていたこととはいえ
ハル君のご両親雑過ぎるきがします・・・。
たとえ短い間でもハル君と過ごした日々の中に
思い出は生まれなかったのかな・・・
って思ってしまうくらい
酷かった気がします。

真相バッドエンドのエンディング曲付きの方は
壱波ルートの場℃エンドを見て
そこそこは覚悟していましたけど
厳しいエンディングですね・・・。
いろいろと考えさせられるストーリーで
確かによくできていると思うんですけど
本気で鬱になりますね・・・。
本当に残酷なストーリーで
ハル君に言われたことは
もっともだと思いますけど
いくらお話しとはいえ重すぎて
私には受け止めるのには
精神的にかなりきつかったです。
目を覆いたくなるような展開で
さっと読んで流せるほどの
気持ちの切り替えが出来るような
強靭な心を私は持ち合わせておりません・・・。
今ずっしりと重いです。

真相はピーエンドで
自分自身については
まだ謎のすべてが解明したわけではないですけど
ハル君がずっと抱えて生きてきた問題については
スッキリ解決です。
ラストよりも私的には
エンディング曲に入る前の
ウエディングドレスについてのハル君のセリフの方が
意外性がありすぎて悶えましたv
いろんなことに諦めているというか
絵のこと以外興味が薄そうなイメージのハル君が
実は独占欲が強くて
サラッとキスなんかもしちゃう
ところは
キャラでは無さ過ぎてビックリと同時に
グッと来ますvv
エピローグはハル君が
絵で食べさせてくれるようになるのは
いつのことになるのかな・・・なんて
ふと現実的なことが頭をよぎる
大人になってしまった悲しい自分・・・。
ハル君のお父さんとの確執が溶けて
うるっと来ながらも
ちょっぴり冷静な気持ちにもなってしまいました(笑)


[ 乙女ゲーム]絶対階級学園 ~Eden with roses and phantasm~ | 【2016-03-11(Fri) 21:47:28】
blogram投票ボタンありがとうございます♪ ありがとうございます☆ | Trackback:(0) | Comments:(0) | 運営サイト| | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 夢女子の二次元に恋して All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*