絶対階級学園 ~Eden with roses and phantasm~:七瀬十矢(石ころエンド)

絶対階級学園 ~Eden with roses and phantasm~
七瀬十矢(石ころエンド)を攻略しました。


絶対階級学園 ~Eden with roses and phantasm~ 初回限定版

キャストはこちらです。
鷹嶺陸(CV:浪川大輔)
鷺ノ宮レイ(CV:木村良平)
七瀬十矢(CV:前野智昭)
加地壱波(CV:柿原徹也)
五十嵐ハル(CV:石川界人)
敬称略。


続きからです。



人としてとっても良い人で
ルックスももちろん好みなので
ラストは十矢って決めていました。
裏表がなくてサッパリしていますし
正義感もあって男らしくてかっこいいですvv
他のルートでもいろいろと手を差し伸べてくれますけど
今回は特になにかと気遣ってくれて
面倒を見てくれるので
ニヤニヤしますvvv

結果的に十矢をラストにしたので
ここまでいろいろとモヤモヤしていたわけですが
正解だったと思います。
十矢に特攻するとその後のルートが
ちょっとつまらないかなー・・・。
あとレイさまルートを見ていることで
レイさまに対して少し切ない気持ちで
見ることが出来ますし
攻略順としては正解だったなって思っています。

まずは石ころルートから見ていきましたけど
対象者と同じ階級のストーリーはちょっとホッとします。
階級による差別を感じ無くて良いですから・・・。
エンディングは3種類で
バッドエンドが2素類でしたけど
1つ目のバッドンドはこれはいけません・・・!
すれ違いのままお別れすることになるんですけど
こんなに実直で清々しい彼を
こんなエンディングに導くのは酷すぎます・・・っ!!
それにこの結末を選んだ先には
今度はエド先生を苦しめることになるって
主人公は気が付かないと・・・。
でもこの学園の生徒は
いろいろとストレスを抱えているって
エド先生が言ってましたけど
こんなに心も体も健康そうな十矢でも
病ませてしまうってどんな学園ですか!!!

バッドエンドの2つめは
1つ目のバッドエンドよりは絶望的行きな
ストーリーではなかったんですけど
1ぐ目のストーリーとも
少しリンクしているかな・・・ってストーリーで
最悪な事態もチラッと頭をよぎったんですけど
その最悪な事態は訪れず
代わりになんだか理不尽な気持ちになる
展開になっていました。
んー、他のルートに比べると
目を覆いたくなるような展開じゃなかったですし
どちらかというと
ぬるいストーリーで
正直ほっとしました(笑)
ビビりな私には心臓に悪いストーリーばっかりなので
このぐらいの方が良いかな・・・。

石ころハッピーエンドは
エンディング曲後のストーリーが秀逸でした!
十矢が眼鏡・・・っ!!!
ちょ!
かっこよすぎじゃないですか~~~////
もともと遠矢は薔薇階級にいたぐらい優秀だったわけですし
こういうインテリな姿もサマになるとは思っていましたけど
実際に視覚的にまで訴えかけてくるなんてーvvv
べ、別に私は眼鏡萌えってわけじゃないんです。
でも頭の良い人は好きです←
眼鏡はその象徴でもありますし
普段見られないカレの知らない一面を見た
っていうのもなかなかにそそられるものです(笑)
あとはストーリー的にも
結構核心に触れているなーって思うので
そういう意味でも面白かったです。

レイさまと十矢ルートは
他のルートに比べて
かなり重要なシナリオになっている気がします。
そしてなんといっても十矢は
結構キス魔で情熱的なんですよーv
恥ずかしそうにするわけでもなく
さらっと距離を縮めてきて
ガッツリキスしたり抱きしめてくれたり・・・vv
彼氏としての十矢は
友達として以上に好きですv
友達としての十矢も好きでしたけどね。
女の子に興味薄そうでしたし
恋愛面ではあまり期待していなかったんですけど
意外な掘り出し物でした(笑)

[ 乙女ゲーム]絶対階級学園 ~Eden with roses and phantasm~ | 【2016-01-13(Wed) 21:15:52】
blogram投票ボタンありがとうございます♪ ありがとうございます☆ | Trackback:(0) | Comments:(0) | 運営サイト| | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 夢女子の二次元に恋して All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*