絶対階級学園 ~Eden with roses and phantasm~:五十嵐ハル(石ころルート)

絶対階級学園 ~Eden with roses and phantasm~
五十嵐ハル(石ころルート)を攻略しました。


絶対階級学園 ~Eden with roses and phantasm~ 初回限定版

キャストはこちらです。
鷹嶺陸(CV:浪川大輔)
鷺ノ宮レイ(CV:木村良平)
七瀬十矢(CV:前野智昭)
加地壱波(CV:柿原徹也)
五十嵐ハル(CV:石川界人)
敬称略。


続きからです。



3人目は迷いましたが
ハルくんから攻略しました。
普通に良い子そうで
裏表もなさそうな雰囲気だったので
先に裏表がありそうないおいがぷんぷんしている
レイさまからにしようかなーって思ったのですけど
ハルくんが石ころ階級ですかあ
気が重くなりそうなシーンがあるんじゃないかって
思って先にハルくんからにしてみました。

基本的にいろいろと諦めているので
そっけない雰囲気なんですけど
なんだかんだいって
最終的には手を差し伸べてくれる
優しい子ですねー。
とても冷静に物事を判断で来ている子でもあるなー
って思うんですが
どうしてハルくんが石ころなんですかね?
逆にこの学園の模範となるべきはずの
薔薇階級の生徒の陰湿ないじめに
辟易しました。
石ころ男子の方が
よっぽど良い子が集まっているように思うのは
私が知っている石ころ男子が
たまたま良い子だったってだけなんですかね・・・?

1つ目の石ころバッドエンドでは
ハルくんに何か秘密があるようだ・・・
ってことはぼんやりわかるものの
結局のところ何もわからないまま
ハルくんとは気まずいままお別れです・・・。
少し距離は縮んでいたように思ったのですが・・・。
でも陸さまエンドの時も思ったのですが
両親とは連絡が取れないわけではないようですし
ここまでハルくんがいじめられるまでに
この閉鎖された学園から救ってあげることって
出来ないんですかね?
あまりに閉鎖されているので
家族の存在を忘れてしまいがちなのですが
良家のご子息ばかりの学園の様ですし
石ころに甘んじていても何も感じないなんて
ちょっと矛盾を感じますねー。
別に本土にある学校でもっといい環境だって
あるんじゃないかと思ってしまうのですが。

2つ目のバッドエンドでは
壮絶なストーリーでした。
精神的なダメージって
ここまで人を病ませてしまうんだなーって
怖くなりました。
エド先生に対しても
一時はこの人を信じても良いんだろうか・・・
と思ったこともありましたけど
ハル君ルートではエド先生は
信じられる大人でした。
逆に学園長恐ろしすぎぃぃー!!
笑っていない笑顔が超恐怖です!
何を考えているのか
さっぱりわからないです。

石ころハッピーエンドでは
またも謎は深まるばかり・・・っ!
ぼろい小屋は近代建築のダミーだった・・・
って感じですかね?
何かの研究施設みたいでしたけど
レイさまはなにかご存知なのかなー
ってなんとなく思いました。
そしてハルくんルートでは
それは解決させてくれないと・・・。
そうなんですね!
ハルくんとの恋愛は
天邪鬼なハルくんに
振り回されてる感じのストーリーですかね~。
ハルくん的には
彼なりのアピールはじゅうぶんしてるっぽくて
微笑ましく見ていましたけど
主人公が鈍感過ぎ!!!(笑)

エンディングに向かって
授業サボってのデートだったり
一番びっくりだった
シャンプーしてv
のおねだりがあったり
最終的にはプロポーズまで!!!
ハルくんのキャラからは想定外の展開の
連続でしたけどーーー!
シャンプーお願い♪
のシーンはハルくん裸でしたけどぉ~~~!!!
その状態でするっとキスして来て
ヤバ過ぎぃーーー!!
夜男の子の個室にのこのこやってきて
誰にも何も言われずスルーされているって
どうなんですの?
ってツッコミは入れたいところですが
たまたまばれなかっただけなんですかね?(笑)
思いがけないセクシー担当はハルくんだったんですかね・・・。
でもエンディング自体は
ふわっとあたたかい気持ちになるストーリーでした。
ちょっと気が早すぎなんじゃ・・・と思いつつも
派手な恋愛ではないにしても
お互いの辛い時にそれぞれ支え合っていきたいという関係は
とってもいいなーって思いました。
ハルくんにしてみたら
どん底の時にそばにいてくれて
こいつしかいないって思ってくれたのかな?

[ 乙女ゲーム]絶対階級学園 ~Eden with roses and phantasm~ | 【2015-12-18(Fri) 22:27:11】
blogram投票ボタンありがとうございます♪ ありがとうございます☆ | Trackback:(0) | Comments:(0) | 運営サイト| | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 夢女子の二次元に恋して All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*