大正鬼譚 ~言ノ葉櫻~:六月一日景一

大正鬼譚 ~言ノ葉櫻~
六月一日景一を攻略しました。


大正鬼譚 ~言ノ葉櫻~ 豪華版
大正鬼譚 ~言ノ葉櫻~

キャストはこちらです。
千寿院司郎(CV:鳥海浩輔)
浅ヶ谷内明史(CV:関智一)
相馬出流(CV:近藤隆)
伊沢臣(CV:森久保祥太郎)
嶽屋宗次(CV:吉野裕行)
六月一日景一(CV:平川大輔)
栗原千秋(CV:森川智之)
西嶋(CV:成田剣)
桂木桃華(CV:清水彩香)
お菊(CV:大地葉)
敬称略。

続きからです。



冒頭から甘いですv
基本的には教師と生徒ですから
お付き合いしていることは秘密なんですけど
一部の生徒と栗原先生には
お付き合いしていることは伝わっていますので
半分オープンな感じの
お付き合いの仕方ですね~。
六月一日先生、
二人っきりになるとたとえ校舎内でも
すっごく甘いんですよ~~!!
理事長職についたことも
あるのかもしれませんけど
理事長室危険!(笑)

六月一日先生とのストーリーは
過去の回想を織り交ぜてのストーリーだったんですけど
ちょっと私的に印象に残っているのは
千寿院さんとのストーリーでした。
初恋について語るシーンだったんですけど
これはキュンと来ますよ~~!!
千寿院さん切なすぎ!
六月一日先生も
分かっていて大人の対応として
深く追及しなかっただけって感じがします。

エンディングは4種類で
櫻エンド、グッドエンド、サブエンド、ベストエンド
となります。
まずはサブエンドですけど
六月一日先生のちょっと怖い一面も垣間見られた
(先生としては怖い人ですが別の意味で)
んですけどその怖さがかなりの萌えでしたvvv
すぐに仲直りしましたけどねー(笑)
エンディング自体はまだ途中・・・
という感じですけど
二人の恋愛においては
改めて気持ちを確認したという感じだったかな
って思います。
怖いぐらいに・・・ですが!

櫻エンドでは
今回は櫻の木の下でのエンディングでは
無かったんですけど
お互いの気持ちを改めて
確認し合うエンディングでした。
六月一日先生が「先生」であり
かなりの歳の差もあり、
生きていく時間の長さも違い・・・で
いろいろと葛藤があったわけですけど
不安になったからって
一方的に別れを切り出すのはどうなんですかね?
結局のところ全く六月一日先生の気持ちを
信じていない感じのストーリーが
ちょっと気になりました。
逆に先生の想いはストレートに
伝わってきましたけどね・・・。
だからこそ主との温度差が
気になりました。

グッド、ベストルートでは
先生との関係が少し違っていた気がします。
追いかけるばかりではなくて
先生も甘えてくれているというか…。
六月一日先生は強い先生像というイメージだったので
ちょっと新鮮でした。
ただ一部を除いて周囲には
二人の関係は内緒・・・というわりには
先生結構お泊りしていったなーって思います(笑)
何かする時もあれば
ただ二人でくっついて寝るだけの時も
ありましたけど・・・。
私的には何もしなくても
一緒に寝たがる先生が
無性に愛おしかったですけどねーvv

グッドエンドでは
他のルートとは進路がガラッと変わって
六月一日先生の言葉通り
希望に沿った形で
まさに「そばに居る」エンディングでした。
こんなにべったりとそばに置きたがるところは
やはり六月一日先生も鬼なんだなーと
つくづく感じさせられました。
エンディングは六月一日先生からの
プロポーズだったんですけど
演出が良い感じで憎いです!!
これでNOとは言えません!!!
ただ私のイメージだと
六月一日先生はもっと早く結婚に持ち込むイメージでした。
意外と遅かったな~って思ったんですが
大事にしてくれていたからなのかもしれませんねー。

ベストエンドがやっぱり一番好きでした!
櫻の木の下での同窓会的お花見が
すっごくほっこりしましたし
千寿院さんとのやり取りは
なんとなくしんみりした気持ちにもなってしまいましたけど
千寿院さんの気持ちをしらなければ
通常の同級生との会話という感じだったかな・・・。
攻略制限のために六月一日先生を先に
攻略できないわけなんですが
制限の必要あるんですかね・・・。
本編ならともかく
FDでは一応いろいろとネタバレ済みなわけですから
不要なんじゃないかなぁと
思いました。
FDでの千寿院さんに相当やられてしまったから
というのもあるんですけどねー。
六月一日先生との結婚の流れも
こちらの方がしっくり来ました。
そんなに長い間あの先生が
待つわけないわけですよ~。
すぐにでも結婚に持ち込むのが自然だと思いますし
就職先についてもこちらのエンディングの方が
「らしい」なって思います。
卒業後の進路はそれぞれになりましたけど
定期的にみんなとも会う機会を設けていて
そんなところも
なんだか良いなーって思いました。

[ 乙女ゲーム]大正鬼譚 ~言ノ葉櫻~ | 【2015-08-25(Tue) 22:21:35】
blogram投票ボタンありがとうございます♪ ありがとうございます☆ | Trackback:(0) | Comments:(0) | 運営サイト| | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 夢女子の二次元に恋して All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*