大正鬼譚 ~言ノ葉櫻~:相馬出流

大正鬼譚 ~言ノ葉櫻~
相馬出流を攻略しました。


大正鬼譚 ~言ノ葉櫻~ 豪華版
大正鬼譚 ~言ノ葉櫻~

キャストはこちらです。
千寿院司郎(CV:鳥海浩輔)
浅ヶ谷内明史(CV:関智一)
相馬出流(CV:近藤隆)
伊沢臣(CV:森久保祥太郎)
嶽屋宗次(CV:吉野裕行)
六月一日景一(CV:平川大輔)
栗原千秋(CV:森川智之)
西嶋(CV:成田剣)
桂木桃華(CV:清水彩香)
お菊(CV:大地葉)
敬称略。

続きからです。



選択誤ってなぜか先に相馬さんルートに
入ってしまいました。
今回は千寿院さんからにしようと思っていたのに・・・。
相馬さんのストーリは
他の男性陣が自分の進路をどんどん見つけていったのに対して
相馬さんの場合は逆に進むべき道を模索している
ストーリーになっていました。
新しい展開です。
そういえば相馬さんって
スイーツ男子っていう情報はありましたけど
どんな道に進みたいかとか
そういう目標のようなものは
聞いたことが無かった気がします。

相馬さんのお家にご挨拶に行ったんですが
兄弟多すぎ!!!
大正時代ですから多くても不思議では
無いのかもしれないんですが
それにしても多いなぁと。
わりとおしゃべりで明るい兄弟が多いな
って印象を受けました。
相馬さんが寡黙な方なのでちょっと面白いなー
って思ったのですが・・・。

最終的に相馬さんが悩んでいたのは
自分の進路は進路でも
行きたい道はあるものの
それを貫くかどうかだったわけで
相馬さんが情熱的で
寂しがり屋だという事を
再確認させられるストーリーでした。
毎度のことですがキスがエロいです/////
そしていつも不意打ち(笑)
自分の気持ちに正直というか
好きだからキスして何が悪い
というくらいの勢いです!

エンディングは4種類で
櫻エンド、グッドエンド、サブエンド、ベストエンド
となります。
まずはサブエンドですけど
タイトルの「櫻」に関しては
途中放棄の形になってしまっているので
そういう意味ではバッドエンドに近い展開なんでしょうけど
相馬さんとの関係では
良好な関係です。
ちょっと気になったのは相馬さんのお母さんなんですけど
口調が淡々としすぎていて
とても歓迎されているとは思えず・・・。
「娘も同然」って言われても
全然本音で言ってくれているようには
思えなかったんですが・・・。
そこが残念でならないですねー。

グッドエンドでは
サブエンドからもう少し話が進んでいて
相馬さんと二人の関係はもちろんですけど
鬼と主との関係で
ほっこりする良い話もありました。
桂木さんじゃないですけど
そういう良い主に出会えたら
鬼は幸せなんだろうなぁと思います。

グッドエンドは六月一日先生のもと
相馬さんと卒業式を迎えるんですけど
先生の見守るような優しい表情に超萌えぇーーーvv
初めて先生を先生として好きになったかもしれません!!(軽く失礼(笑))
相馬さんとの恋愛は相変わらず
穏やかに順調だったこともあって
新鮮な驚きで萌えを感じたのは
卒業をお願いしに行った時と
実際に卒業式をしてもらった時の
六月一日先生のセリフや態度でした。
相馬さん以上に先生に萌えたとかではないんですけどねー。
相馬さんとの卒業後の進路は違えますが
自立した女性というのは
クインロゼらしい主人公だなって思います。
これが相馬さんのお嫁さんになるために
一緒に卒業するなんて展開だったら先生も
卒業を認めなかったかもしれませんし
私もちょっぴりがっかりしたかも・・・。

櫻エンドでは
櫻の木の下での相馬さんとの
ラブいエンディングです/////
相馬さんってまっすぐで情熱的だなって
思っていたんですけど
あー、なるほどなって思いました。
口数は確かに少ないんですけど
とても正直で
寡黙なくせに大事なことはサラッと口にしてしまうので
その一言がとても印象に残るんですよー。
重みがあるというか・・・。
大正鬼譚本編に比べると
ガツガツ感がちょっと足りないかなぁなんて
思ったりもしたんですが
相馬さんの好き好きオーラは健在でしたし
ちょっとハッとさせられるストーリーでした。
やっぱり相馬さん大好きです~~vvv

ふと思ったんですが
よく保健室での先生たちの会話を
盗み聞きするシーンがあるんですけど
ちょっと気になったのは
六月一日先生がかなりのヘビースモーカーだと
いう事が判明しまして…。
鬼の人たちって
寿命は確かに長いんですけど
そんなにタバコ吸って
病気の方は大丈夫なんだろうか・・・と
妙なところが気になったんですが
どうなんですかね・・・?

ベストルートじゃないと
椿姫の公演シーンは見られない仕様なのかな?
選択肢をちょっと間違えてきただけなのか
その辺は未確認ですけど
ベストルートで初めて
椿姫の本番のシーンが見られました。
椿姫という演目の名前くらいは
知っていましたけど
そうそう内容までは詳しくなかったので
今回なるほどなーと思いました。
素人が演技している体なので
キャストのみなさん
ほどよく下手に演じていらっしゃるんですけど
それもなかなか難しそうな演技ですね(笑)
ただ椿姫のストーリーと相馬さんとの恋愛は
非常にマッチしていたな・・・って思いました。

椿姫の舞台後
衣装を着たままでのラブいシーンが
めちゃ萌えでしたvvv
相馬さんの甘え上手さには敵いません~~~!!
抗えなんてそりゃ無理ってものです。
ちょっと強引ですが
強引になりきらず
こちらの意思を確認してくるところが
憎いです・・・。

エンディングでは
そんなちょっと強引な相馬さんにしては
ちょっとぬるい感じだったかも・・・
とは思いますけど
一刻も早く一緒になりたいなんて
これ以上に嬉しい言葉は無いですぅー/////
私的には一途さは相馬さんが
一番かなーって思っています。
それぞれのルートごとに
みんな一途さは見せてくれますけど
相馬さんって基本すごく真面目ですので
一途さが際立って見えるかなって思います。
相馬さんとのストーリーは
ここで完結しているようで
まだ発展性があるように感じました。
もう少し踏み込んだところまで見たかったですー。



[ 乙女ゲーム]大正鬼譚 ~言ノ葉櫻~ | 【2015-08-17(Mon) 19:07:01】
blogram投票ボタンありがとうございます♪ ありがとうございます☆ | Trackback:(0) | Comments:(0) | 運営サイト| | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 夢女子の二次元に恋して All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*