大正鬼譚 ~言ノ葉櫻~:嶽屋宗次

大正鬼譚 ~言ノ葉櫻~
嶽屋宗次を攻略しました。


大正鬼譚 ~言ノ葉櫻~ 豪華版
大正鬼譚 ~言ノ葉櫻~

キャストはこちらです。
千寿院司郎(CV:鳥海浩輔)
浅ヶ谷内明史(CV:関智一)
相馬出流(CV:近藤隆)
伊沢臣(CV:森久保祥太郎)
嶽屋宗次(CV:吉野裕行)
六月一日景一(CV:平川大輔)
栗原千秋(CV:森川智之)
西嶋(CV:成田剣)
桂木桃華(CV:清水彩香)
お菊(CV:大地葉)
敬称略。

続きからです。



嶽屋さんルートをプレイすると
伊沢さんとの恋愛がぬるく感じます(笑)
可愛いツンデレ系と思いきや
かなり情熱的でキスも
いちいちエロいですvv
こんなに嫉妬深かったかな?ってくらい
些細なことでヤキモチ妬いてるのは
だたのヤキモチ妬きってだけでもないんですが
一歩間違うとヤンデレ?くらいの勢いで
新しい一面を見た気がします。

彼氏が目標に向かって進んでいる姿に触発されて
自分の進路や将来について
向き合っていく・・・というスタンスは
同じなんですけど
嶽屋さんルートでは
それに加えて恋人であり
主であるという事で
鬼が主と離れることが
どんなことであるのか
というのが伊沢さんルートよりも
色濃く描かれていた気がします。
伊沢さんルートも
お別れを選択するシーンはありましたけど
恋人としてという部分の方が
大きかったと思うんですが
嶽屋さんルートでは
鬼が主とたとえ
一時的であっても
離れなければならないことが
どんなにつらいことであるのか、
その苦悩っぷりがまざまざとみて取れました。
恋人としては亭主関白という感じで
男子たるもの女子を守るのが務め
とでも言いたげなんですが
鬼という立場になると
主の言葉が絶対で
その鬼という部分と恋人という部分の
微妙な位置の違いが
面白く描かれていたなって思います。

目指す道は違っても
一緒に成長していきたいという関係は
すごく良いですね!
ただ守られるだけではなくて
嶽屋さんの隣で一緒に成長していく関係でありたい
という主人公の気持ちは
とても交換が持てました。

エンディングは4種類で
櫻エンド、グッドエンド、サブエンド、ベストエンド
となります。
グッドエンドでは
最終地点までにたどり着く前の
その分岐点という感じのところで
エンディングを迎えていますので
そこまでの不安感とか考えると
ここで終わられるとバッドエンドもありうるんじゃ・・・
とユーザーによっては
単純にグッドエンドと言えない終焉を
想像してしまいそうです。
私もその一人なんですが・・・。
もっともとても悩んで悪い方向を想像していた割には
嶽屋さんは少し
吹っ切れているようにも思えましたが・・・。

サブエンドは
ハッピーエンドに向かうのか
それともそうでないのか
まだわからないという感じの
エンディングですねー。
たった一つ選択肢誤っただけでも
サブエンドですよ~~。
本編ハッピーエンド後のストーリーですので
バッドエンドの匂いは薄いんですけど
それは二人の努力も必要かなって思われる
ストーリーです。
とにかく嶽屋さんが嫉妬深くて、嫉妬深くて!(笑)
それだけ一途に想ってくれているとも
言えるのかなとは思うのですけどね~。

櫻エンドまで来ると
嶽屋さんとの故郷での幼馴染とのやり取りで
将来についてもいろいろと考えさせらるんですけど
嶽屋さんから言われた一言に
グッときました!
姿だけではなくて
本質的な部分で想い合っていて
とてもいい関係だなぁとも思いました。
自分を想ってくれる相手の気持ちに
すぐに気がつくという事は
自分自身も相手を想っているからこそ
その気持ちになると思うんですよねー。

櫻エンドは
まさかそう来たか~なエンディングでした。
さすがにちょっと切なすぎる
エンディングだったなって思います。
この先には幸せな結末が待っているであろうとは思うんですけど
ちょっと情報が中途半端すぎるかな・・・。
ここまでの過程がベストエンドと共通しているから
だと思うんですが
わりとエンディングまでは
幸せな雰囲気だったのでちょっとへこみました。
桜の使い方が切なさを増長していたかな…。
エンディングタイトルとのマッチングは
とても良かったと思いますけどねー。

ベストエンドでは
櫻エンドとはまた違った形で
櫻がキーワードになっていました。
こちらは幸せな櫻ですけどねー。
幸せだからなんだと思うんですけど
若干嶽屋さんに余裕が感じられました(笑)
見た目は変わりませんけど
すっかり大人っぽい雰囲気になって
ちょっとどきっとしちゃいました~。
桂木さんとのじゃれ合いも
おおらかに見てた感じでしたし・・・。
桂木さんから契約したいと
相変わらず迫られてて
鬼の形相でダメだしするかと思いきや
意外にも穏やかに切り替えしていて
ちょっとビックリでした。

エピローグでは卒業後の嶽屋さんとの
ストーリーが描かれていましたけど
お嬢様にしてはわりと普通のというか
一般的な幸せな姿ですかね?
嶽屋さんとはラブラブですがvv
パパになった嶽屋さんの
親バカっぷりが可愛いんですけど
見た目ももう少し大人びていた方が
パパ度が上がって良かったかな・・・。
鬼は成長が遅いので仕方ないかもしれませんけどね~。
軍服姿はやはり麗しいです(笑)



[ 乙女ゲーム]大正鬼譚 ~言ノ葉櫻~ | 【2015-08-02(Sun) 18:40:44】
blogram投票ボタンありがとうございます♪ ありがとうございます☆ | Trackback:(0) | Comments:(0) | 運営サイト| | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 夢女子の二次元に恋して All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*