大正鬼譚:千寿院司郎

大正鬼譚
千寿院司郎を攻略しました。

大正鬼譚 (豪華版) (2013年発売予定) (豪華版特製冊子&豪華版ドラマCD 同梱) 予約特典ドラマCD 付大正鬼譚 (通常版) (2013年発売予定) 予約特典ドラマCD 付
大正鬼譚 (豪華版)(豪華版特製冊子&豪華版ドラマCD 同梱) 予約特典ドラマCD 付
大正鬼譚 (通常版)予約特典ドラマCD 付

キャストはこちらです。
千寿院司郎(CV:鳥海浩輔)
浅ヶ谷内明史(CV:関智一)
相馬出流(CV:近藤隆)
伊沢臣(CV:森久保祥太郎)
嶽屋宗次(CV:吉野裕行)
六月一日景一(CV:平川大輔)
栗原千秋(CV:森川智之)
西嶋(CV:成田剣)
桂木桃華(CV:清水彩香)
お菊(CV:大地葉)
敬称略。

続きからです。



萌え設定が用意されているっぽかったですし
物腰柔らかで好みの予感だったので
お取り置きしておいたんですが
時折見せる冷淡な表情に
大ショックでしたよ~~っ!!!
なんというか心が無いというか
凍っているとでもいうべきか・・・。

王子様キャラを想像していただけに
がっかり感はハンパ無かったんですけど
そんな私のがっかり感とは対照的に
ストーリーは続きが気になって仕方なく
サクサクと進めてしまいました(笑)
あまりの豹変ぶりの背景が気になることと
自分だけに悪態ついたり本性を見せるその真意を測り兼ねて
気になる存在であることは
抗いようのない事実
だったのです・・・。

相馬さんが裏表のない
根っからの良い人だったのに対して
千寿院さんはまさかの偽りのプリンス・・・
正直かなりショックでしたけど
本質的な部分まで腐っていなかったのは
救いだったかなぁ。

エンディングは4種類で
サブエンド、パートナーエンド、グッドエンド、ベストエンドです。
サブエンドはエンディングとしては
まだハッピーエンドの一歩手前といった感じで
モヤモヤが残るエンディングでした。
相変わらず何を考えているのかわからない中で
僅かに本心を見せるところもあるんですけど
私は基本的にわかりやすいのが好きなので
こういう屈折系はあまり萌えないんですよ~。
私が期待している千寿院さんではなく
ホントに残念です~。
浅ヶ谷内さんはとっても理解しているようなのですが
そういうのではなくわかりやすい
甘い展開が好きなのですよー!
相馬さんのような感じ(笑)
私的にはちょっと惜しいエンディングでした。

パートナーエンドでは
さすがにサブエンドに比べれば
若干進展しているようにも見えますけど
甘くなる気配はなく・・・。
他の女の子たちとは違う
特別な関係であることは間違いないものの
素直に恋人とも言えず・・・。
浅ヶ谷内も含めた友達関係の
一歩進んだ感じですかねー。
なんとも物足りないエンディングでした。

グッドエンド以降が本番
といった感じですかね~。
もやもやしていたものが
晴れたような晴れないような・・・。
幼なじみであったことや
突然いなくなった理由も
語られはしたものの
千寿院さんのいう「好きだった」というセリフと
再会した後の千寿院さんの態度との
温度差が私の中で
しっくりこず・・・。
思い出の中の千寿院さんが
「ちょっと意地悪なものの」と表現されてはいるんですけど
飴玉で泣き止ませてくれたり
「意地悪」なエピソードよりも
「優しい」エピソードの方が語られていたことで
千寿院さんがどうして意地悪なことばかりしてきたのか
どうも私の中でピンと来なかったんですよね・・・。

華族じゃないから千寿院さんの
屈折した気持ちがわからない
と言われたら身もふたもない話ですが・・・。
好きな子に意地悪するのは子供のすることで
千寿院さんほどの年齢になって
さすがにいまだにそれはないでしょうし・・・。
やっと、私にしてみれば
千寿院さんとの恋は
やっと恋人同士になれたという気持ちが大きいんですけど
そのわりに恋人になった時の盛り上がりが
イマイチだったのがホントに残念です。
そんなにあっさり千寿院さんが認めて
そんなにあっさり今までのことはなかったことにして
受け入れられるものなんですかねぇ?

グッドエンドでようやくラブいエンディングですー!
ここまで長かったですよ~~っ!!
やっと千寿院さんの背景も語られましたし
恋愛ももっと甘いシーンが
あっても良かったかなぁとは思うものの
エンディングがとにかく
今まで見たことが無い
直球で甘い千寿院さんだったので
合格点です(笑)
千寿院さんのお母様から語られた真実と
千寿院さんのドSっぷり=特別な存在
がかなりしっくり来て
それほど長いやり取りではなかったんですけど
一番肝になるシーンだったかな
って思います。
このシーンを踏まえたうえで
改めて今までの千寿院さんの仕打ちを考えてみると
いろいろと許せる気持ちにもなれるんじゃないかな
って思いますし
千寿院さんに対して
可愛いとすら思えるかな(笑)

ベストエンドでキス以上の
大人なシーンもあったんですけど
貴重な千寿院さんの表情も見られて
これはかなり良いシーンでしたvv
基本的に他人に興味が無い人なのに
自分にだけは執着するという
特別感がたまりませんでした(笑)
女の子にモテる人で
誰に対しても悪い顔しないのに
そのくせこちらが他の男性から声をかけられたときには
猛烈な嫉妬したり・・・。
勝手だなぁとは思いますけど
最後はサラッと他の女の子たちに対しても
きちんと恋人宣言もしてくれているので
よしとするしかないか・・・(苦笑)
ここまでいろいろとありましたけど
繋がりは一番深い人でしたし
千寿院さんルートがやっぱり本命ルートかな
って思います。
真相ルートではないですが
素直に面白かったです。



[ 乙女ゲーム]大正鬼譚 | 【2015-06-08(Mon) 19:11:15】
blogram投票ボタンありがとうございます♪ ありがとうございます☆ | Trackback:(0) | Comments:(0) | 運営サイト| | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 夢女子の二次元に恋して All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*