戦場の円舞曲:ティファレト

戦場の円舞曲
ティファレトを攻略しました。


戦場の円舞曲 限定版
戦場の円舞曲

キャストはこちらです。
アベル(CV:前野智昭)
ラスティン(CV:加藤和樹)
パシュ(CV:石川界人)
ニケ(CV:小野賢章)
ティファレト(CV:柿原徹也)
ヴィルヘルム(CV:中村悠一)
敬称略。


続きからです。




死にたがりの商店街の魔法使いです。
魔法で生計を立てていますが
子供の怪我を魔法を使って無料で治してくれる
優しいところも持っています。
女性を不幸にすると商店街では有名で
女性にモテモテですが
コレットには通用しないようです(笑)

ティファレトルートでは
今まで好印象しかなかったキオラ女王に
不穏な空気が漂いはじめたり
ちょっと厳しいけど理性的できちんとした印象だった
マイア上官が突然爆弾発言したり
なによりメフィストが今までの印象から
ガラッと変わってしまうのにも驚きでした。
確かに風貌は怪しかったですけど
魔法使いの保健の先生ポジションでしたし
悪魔的なイメージは持っていなかったんですけどね・・・。

女性に素っ気ない態度で
シャオレイとは飲み仲間でしたけど
どちらかというと他人と距離を置いていたイメージだったんですが
恋愛については意外にもハッキリさせる人で
星見のお誘いをしてきたと思えば
意味深なセリフで惑わせてきて
一気に引き込まれました。
さすが魔法使いですね・・・(笑)
その上独占欲も強い感じで
ときめくじゃないですか~~!

エンディングは3種類で
バッドエンド2種類とハッピーエンドとなります。
まずは1つ目のバッドエンドですけど
ラスティンたちとの食事中に
ティファレト&シャオレイに遭遇し
ティファレトのヤキモチっぽいものを見られたと
浮かれていたのもつかの間
ティファレトのお誘いをお断りした翌日に
ティファレト失踪です・・・。
メフィストのヤバさも同時に体感するエンディングになりますけど
このシーンを回避したその後の展開が
非常に気になるエンディングでした。

ティファレトルートは
恋愛的にもティファレトが
サラサラと甘い言葉を言いますし
接近戦も大得意で
他のルートに比べても濃密でしたけど
ストーリーも今までとは比較にならないほど
深くてとても面白かったです。
いろんなものが近づいてきたという感じですね。

2つ目のバッドエンドは
悪魔と契約して牢獄に自ら閉じ込められる道を選ぶ
エンディングです。
こうやって文字にするとすごくおどろおどろしいですが・・・。
恋愛は成就という形になりますので
終わってみて酷く沈んだ気持ちになるわけではないんですが
悪魔に簡単に屈してしまったという気持ちにはなりました。

ハッピーエンドでは
ヴィルヘルム消滅の結末は
やはりここでも変わりませんでしたけど
私はニケルートでの消滅の仕方よりも
今回の方が好きかな・・・。
似たような展開ではありましたし
一度ニケルートで見ていた事もあるのかもしれませんが・・・。
戦うことは出来なかったものの
ヴィルヘルムの見せ場もきちんと用意されて
いましたしねー。
ヴィルヘルム自身が納得している様子が
とても伝わってきたことも大きかったです。

ティファレトは攻略するまでは
ちょっと素っ気ないクールタイプに見えましたけど
実際には嫉妬深くて
むしろ可愛いタイプだったのは意外な発見でした。
環境のせいもありますけど
恋愛慣れしていないところも
たまらなく愛おしさを覚えましたv




☆追記☆
こちらの記事に拍手をいただきましたv
ありがとうございます!
よろしかったらまた遊びに来てくださいませ☆

[ 乙女ゲーム]戦場の円舞曲 | 【2020-08-01(Sat) 23:19:51】
blogram投票ボタンありがとうございます♪ ありがとうございます☆ | Trackback:(0) | Comments:(0) | 運営サイト| | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 夢女子の二次元に恋して All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*