戦場の円舞曲:アベル

戦場の円舞曲
アベルを攻略しました。


戦場の円舞曲 限定版
戦場の円舞曲

キャストはこちらです。
アベル(CV:前野智昭)
ラスティン(CV:加藤和樹)
パシュ(CV:石川界人)
ニケ(CV:小野賢章)
ティファレト(CV:柿原徹也)
ヴィルヘルム(CV:中村悠一)
敬称略。


続きからです。




アベルには

え、そんな隠し技持っていたの?

という秘密があった事もあって
他の子にもビックリするような隠し事があるんじゃないかと
期待大です!
ヴィルヘルムは暴走してから
正直苦手意識があったんですけど
急にしおらしくお別れの予感を告げてきて
なんだか切なくなってしまいました。
どうぶつの森で苦手住民から
引っ越しを告げられて
そのお別れシーンで住民の殊勝な態度に
好感度が上がってしまい
思わず引き留めてしまった様な気持ちに似ています。

アベルとのお祭りデートが私は面白いと思ったんですけど
空気を読まないパシュに捕まったり
シャオレイ&ティファレトの大人二人がからかってきたり
なかなか上手くいかなかったんですけど
アベルが二人きりになるために人気の無い
教室に誘導してきて
ものすごく情熱的に口説いてきたのが
とても印象的でした。
パシュの空気の読めなさ具合が最高で
アベルのイライラした様子との対比が
私的にはとてもツボだったわけなんですけど
その後一人学園に戻ったアベルが
自分を追いかけてくるはずだと
人気の無い場所にまんまと誘導してきたところも
ホント驚きです。
いやー、そんな小細工するようなタイプには
到底思わなかったですよ~・・・。
それ以上に独占欲の強さを隠さないところも
ビックリです~!
クールにみせておいて
実はものすごく一途で
恋愛にアツいタイプなんですよね・・・。

パシュとのやりとりの後で
パシュのイケメン父にも遭遇するんですけど
あまりに対照的で
そんなところにも驚きました。
もう少し大人になったらパシュもあんな風に・・・
はならないでしょうね(笑)

4つ目のバッドエンドは
アベルの2つ目のバッドエンドです。
アベルのいろんな事が白日の下にさらされて
アベルを取り巻く環境はとても厳しいもので
そんな中アベルと言葉を交わす時間が
少しでも取れていたらとは思いました。
周りの人からいろいろと声をかけられて
その中には嬉しいものもありましたけど
この結末を前にしては
そんな事よりもアベルに声を一言でも
かけてあげる時間が欲しかったと思ってしまいますね・・・。
しかし・・・。
バッドエンドの後
魔石20個手に入れました
って言われると妙に冷めますね(苦笑)

ハッピーエンドでは
これが本当に正解だったのか
少し疑問がないわけではないですが
和平が結ばれて
戦いの日々からは一旦終わることになりました。
少しの疑問というのは
アベルにとっては
この先の方が試練が大きいし
続くんじゃないかなぁとも
思ったんですよね・・・。
この先の展開がない以上
上り詰めるところまで上り詰めて
アベルにもプロポーズされて
この時点では確かにハッピーエンドですけどねー。
この幸せがずっと続くことを願わずには
いられないエンディングでした。
それにしても恋愛スイッチ入った時のアベルの
別人ぶりには
最後までビビらされました(笑)
こんな風に甘く囁くとは
普段のアベルから誰が想像しますか!?
なんというかもう少し
不慣れ感があった方が
アベルっぽい様な・・・。
いや、これで良いんですよ、ええ。
人は見かけによらないものですね(笑)




☆追記☆
こちらの記事に拍手をいただきましたv
ありがとうございます!
よろしかったらまた遊びに来てくださいませ☆


[ 乙女ゲーム]戦場の円舞曲 | 【2020-07-19(Sun) 23:29:50】
blogram投票ボタンありがとうございます♪ ありがとうございます☆ | Trackback:(0) | Comments:(0) | 運営サイト| | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 夢女子の二次元に恋して All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*