宵月ノ雫~幕末恋綴り~ 弐ノ章 久坂玄瑞

宵月ノ雫~幕末恋綴り~ 弐ノ章 久坂玄瑞
の感想です。



キャストはこちらです。
久坂玄瑞(CV:近藤隆)
敬称略。

トラックリストはこちらです。
1.熾火
2,江戸下り
3.秋の桜
4.泥む心
5.孤月の逢瀬
6.一雫
7.泡沫
8.浅き夢見し


続きからです。



一時期歴史のシチュエーションCDが
流行っていた時期があったんですよね~。
歴史上の人物だとそれぞれ想いもあったり
自分なりのイメージも出来ていることもあって
なかなか感情移入するのが私は難しくて
とりあえず確保はしておくんですが
積みっぱなしにしていました(苦笑)

今回は久坂玄瑞のストーリーです。
自分の立ち位置としては
子供の頃に送っていた養生生活の中で
藩医の兄についてきていた玄瑞と出会っていた
という設定です。
時は流れて大人になって再会したところから
始まっていますねー。

玄瑞に頼まれて着物を見立ててあげたり
知らない仲でもないので
何かとお手伝いをしたり・・・
という関係で
思いがけず艶っぽい展開に急に発展したときは
超驚き・・・(笑)
しかも良い声で結構ストレートに迫ってきたんですけど!
友達みたいなノリでずっと接していたので
この急展開は予想外で
だからこそときめいたんですが~~v
全然こちらとしてはOKだったんですけど
迫ってきた玄瑞の方が怖じ気づくとか
ちょっと残念(笑)

このまま何もなくモヤモヤした感じで終わるかと思いきや
サクッと告白されて
そのまま深い仲に・・・。
おぉう・・・っ!
ちょっと不慣れな感じがまたグッときますね/////

結末は悲劇ですので
ハッピーエンドが好きな方には
かなり辛いストーリーですけど
全体的には楽しめました。
咳き込んだり血を吐くシーンがリアルすぎ
ホント辛いですけどね・・・。
演技がお上手な分
キツさ倍増(苦笑)

別にわざわざ歴史上の人物にしなくて
架空の人で良かったのに・・・というのが
率直な感想ですねー。
想像は膨らみやすい反面
恋愛的には感情移入するのに
ちょっと戸惑うこともあります。
ガッツリ恋愛なストーリーではなく
その時代的なものもあって
骨太の精神の様なものも描かれていますので
そこは一人の男性としてグッとくる部分もあって
キャストさんの演技を純粋に楽しめるシーンでも
あったと思います。
もう少し恋愛のシーンが多いと
もっと良かったかなとは思いますけど
一つ一つのシーンは
近藤さんのおかげもあってかなりときめきvvv
切なげにキスしてくる所なんて
たまりませんでした!!
どちかというとキャストの演技を楽しむ
シナリオだったとは思うんですけど
時折入ってくる恋愛のシーンや
最期に玄瑞が切なげに想いを語るところは
グッときましたので
私的には満足できました。
どうしても悲劇なので
何度もわくわくした気持ちで聞くようなものではないんですけど
どっぷり浸りたいときに
しっとりと聞きたいですね-。


☆おまけ情報☆
宵月ノ雫~幕末恋綴り~ 壱ノ章 高杉晋作
キャスト;立花慎之介
宵月ノ雫~幕末恋綴り~ 弐ノ章 久坂玄瑞
キャスト:近藤隆
宵月ノ雫~幕末恋綴り~ 参ノ章 桂小五郎
キャスト:寺島拓篤
宵月ノ雫~幕末恋綴り~ 四ノ章 吉田松陰
キャスト:森川智之




☆追記☆
こちらの記事に拍手をいただきましたv
ありがとうございます!
よろしかったらまた遊びに来てくださいませ☆

[ 声優]近藤隆 | 【2019-07-16(Tue) 22:27:30】
blogram投票ボタンありがとうございます♪ ありがとうございます☆ | Trackback:(0) | Comments:(0) | 運営サイト| | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 夢女子の二次元に恋して All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*